しめ飾りの処分

年末年始・正月

しめ飾りの処分の仕方!しめ飾りを外すのはいつ?

 

しめ飾りの処分はどうすればいいんだろう?燃えるごみに出してもいいのかな。

しめ飾りは、年神様(としがみさま)を家にお迎えするために、重要な意味があるものなので、

いつまで飾っておくのか、飾り終わったらどう処分するのか悩みますよね。

今日は、しめ飾りの処分の仕方、外す時期、しめ飾りを飾る意味を紹介したいと思います。




しめ飾りの処分の仕方

しめ飾りの処分は、どんど焼きやお焚き上げと呼ばれる火祭りで、

焼き納めをするのが正しい処分の仕方です。

どんど焼きとは、お正月に飾ったしめ飾りや門松などの正月飾り、旧年のお札やお守り、

書初めなどを集めて焚き上げるという行事です。

ですが、すべての神社がどんど焼きをやるわけではないので、自分が住んでいる地域はどの神社が

どんど焼きをやっているのかや、集積期限を調べておきましょう。

どんど焼きは小正月(1月15日)に行われるのが一般的ですが、神社によっては日にちが違うこともあります。

近くでどんど焼きが行われない場合

近くでどんど焼きが行われていない時の処分は、燃えるごみに出します。

燃えるごみにだす場合は、しめ飾りに塩をまいて清めた後、新聞紙などにくるみます。

門松や他の正月飾りも同じ方法で処分します。

普通のごみと一緒にしないで、しめ飾りと角松などの正月飾りだけを、別のごみ袋にいれて出しましょう。



しめ飾り・角松を外すのはいつ?

しめ飾りや角松は、松の内まで飾るのが正しい飾り方で、外すのは「松の内」が終わる日か、その前日です。

松の内というのはお正月にお迎えした、年神様が家にいらっしゃる期間のことです。

松の内は一般的には1月7日ですが、関西地方では1月15日の地域があるので、

自分の住んでいる地域に合わせて外すようにしましょう。

♣ 松の内が1月7日の場合、1月6日の夜または1月7日

♣ 松の内が1月15日の場合、1月14日の夜または1月15日

しめ飾り・角松を飾る意味

しめ飾りや角松を飾るのは、年神様(としがみさま)をお迎えするためです。

しめ飾りは、神の領域と現世を隔てる結界の意味があります。

しめ飾りの内側は年神様がいらっしゃる清浄な世界で、外側は不浄な世界とされており、

不浄なものが入らないようにしているのがしめ飾りです。

角松は、年神様に迷わず家に来ていただくための目印となります。

まとめ

しめ飾りや角松の処分の仕方、外す時期、しめ飾り・角松を飾る意味を紹介しました。

まとめると、

♠しめ飾りを外すのは松の内が終わる日か、その前日。

松の内は地域によって違いがあり、一般的には1月7日だが、地域によっては1月15日。

♠しめ飾りの正しい処分の仕方はは、どんど焼きやお焚き上げと呼ばれる火祭りで、焼き納めをする。

♠どんど焼きがない場合は燃えるごみに出す。

♠しめ飾りには、年神様を迎えるための結界の役目がある。




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 厄年 贈り物
  2. 正月に飾る花
  3. 年賀状賀詞の意味
  4. 謹賀新年・迎春目上の年賀状
  5. 鏡餅いつから飾る

人気記事

  1. 三回忌の服装!参列する時は喪服を着るべき?
  2. 鏡餅を飾る場所はどこがいい?飾る時期は?
  3. お歳暮のマナー!喪中の家にお歳暮を贈ってもいいの?
  4. 三寒四温ってどんな意味?いつ頃使う言葉なの?
  5. 菜種梅雨ってどういう意味?梅雨とどう違う?
  1. 漬物とお新香違い

    暮らし

    漬物とお新香(おしんこ)の違いは何?なぜお新香と言うの?
  2. 五黄の寅とはどんな意味女性は良くない?

    暮らし

    五黄の寅とはどんな意味?女性は良くないの?
  3. お中元時期

    暮らし

    お中元を渡す時期はいつがいい?
  4. 三回忌の服装

    お通夜・お葬式

    三回忌の服装!参列する時は喪服を着るべき?
  5. シャツ黄ばみ取り方

    暮らし

    シャツの脇が黄ばむのはワキガ?黄ばみの原因と落とし方
PAGE TOP