三寒四温の意味

暮らし

三寒四温ってどんな意味?いつ頃使う言葉なの?

三寒四温(さんかんしおん)ってどんな意味?いつ頃の季節に使う言葉なんだろう?

春が近づいてくると耳にする言葉ですね。

冬に使う言葉なのか、春先に使う言葉なのか?何となくわかるような分からないような・・・

そこで今日は、三寒四温の意味や、いつ頃(何月頃)使う言葉なのかを紹介したいと思います。




三寒四温の意味

三寒四温とは、寒い日が3日くらい続くと、そのあとに比較的暖かい日が4日続くという意味です。

寒い日と暖かい日の周期を表す言葉なんです。

もともとは中国の北部や朝鮮半島の北部で使われていた言葉で、

冬の気候が7日ぐらいの周期で、強まったり弱まったりすることを表す言葉として使われていたのが、日本に伝わってきたそうです。

「三寒四温」時候のあいさつに使える?

三寒四温は冬の季語で、冬の間ずっと使える言葉です。手紙などの時候の挨拶としては2月~3月に使われます。

冬の季語なのに春先に使うの?と思いますよね。

日本には冬に3日間寒い日が続いたあとに、4日間暖かい日が続くという周期が現れることは、ほとんどないんだそうです。

日本は、春先に低気圧と高気圧が交互にやってきて、寒くなったり暖かくなったりを繰り返しますよね。

そのため、日本では三寒四温という言葉を、春先に使うことが多くなっているそうです。



三寒四温を使った文例

三寒四温を使った手紙や葉書の文例を紹介します。

「少しずつ寒さも緩み、三寒四温を実感する時節となりました。」

「三寒四温の候、暖かな日にはほっと息つくこの頃です。」

「三寒四温の候、少しずつ春めいてきたように感じられる今日この頃です。」

「春らしくなりましたが、まだまだ三寒四温で、寒い日もございます。」

「三寒四温の候、いかがお過ごしでしょうか。」

「三寒四温と言われる季節、お元気にお過ごしでしょうか?」

おわりに

三寒四温の意味や、いつ頃(何月頃)使う言葉なのか、三寒四温を使った文例などを紹介しました。参考になったでしょうか?

私は以前、三寒四温とは、暖かくなったかと思うと寒くなる、これを3回くり返すと春になるという意味だと思っていました。

子供の頃、誰かに聞いたんだと思うんですが…春が近いという点では合っているかな?微妙な感じですね^^;

まさに今、三寒四温、順調に暖かくなってきたと思っていたら、また寒くなりましたね。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 厄年 贈り物
  2. 正月に飾る花
  3. 年賀状賀詞の意味
  4. 謹賀新年・迎春目上の年賀状
  5. 鏡餅いつから飾る

人気記事

  1. 漬物とお新香(おしんこ)の違いは何?なぜお新香と言うの?
  2. 鏡餅を飾るのはいつからいつまで?下げたお餅はどうするの?
  3. 招き猫 右手上げと左手上げ!意味が違う?どっちがいいの?
  4. 靴擦れの治し方!水ぶくれはつぶしていい?めくれた皮はどうする…
  5. むずむず脚症候群かも!自分でできる対処法ってあるの?
  1. 子供の日柏餅とちまき

    端午の節句

    こどもの日!柏餅やちまきを食べるのはなぜ?どんな由来があるの?
  2. 大寒卵

    暮らし

    大寒卵とは?食べるとどうなるの?
  3. 鉢植えあじさいの育て方

    暮らし

    鉢植えあじさいの育て方!植え替えや剪定の時期とやり方 
  4. 三回忌の服装

    お通夜・お葬式

    三回忌の服装!参列する時は喪服を着るべき?
  5. 菜種梅雨

    暮らし

    菜種梅雨ってどういう意味?梅雨とどう違う?
PAGE TOP