健康・医療

インフルエンザ予防接種!2回目を違う病院で受けても大丈夫?

インフルエンザの予防接種って、2回目を違う病院で受けてもいいのかな?同じ病院でうけなきゃいけないのかな?

4週間後に2回目を受けようと思っても、かかりつけの病院は接種曜日が決まっていて、どうしても都合が合わないとか、別の病院の方が料金が安いみたいだから、2回目はそこで受けたいと思うことありますよね。

そこで今日は、インフルエンザの予防接種の2回目を違う病院で受けても大丈夫なのか、ワクチンのことや料金のことなどを紹介します。

インフルエンザワクチンは病院によって違うの?効果は?

インフルエンザ予防接種の2回目、違う病院で受けても大丈夫!です。

2回目を違う病院で受ける時心配なのは、病院によってワクチンの種類が違うのではないか、予防効果が弱まるんじゃないかということではないですか。

小児科の先生に「どうなの?」と聞いたところ、ワクチンのメーカーが違っても基本的には内容は同じだから問題ないし、効果に差はないということです。

インフルエンザワクチンは、4つの会社で製造されていますが、ワクチンの基(もと)になるワクチン株は日本全国同じです。

だから、2回目を違う病院で受けても、予防効果が下がったり無くなったりすることはありません。メーカーによって違うのは、ワクチンの開封後に細菌の汚染を防ぐために入っている保存剤(防腐剤)の種類です。

ワクチンの保存剤って安全なの?

インフルエンザワクチンの保存剤

インフルエンザワクチンの保存剤は、チメロサールかフェノキシエタノールのどちらかが使われています。どちらも問題のない保存剤ですが、チメロサールは有機水銀です。

水銀が入っているというと、毒が入っていると聞こえるかもしれませんが、ワクチンに入っているのは毒性のない、体に蓄積しない安全なものです。

入っている量もごく微量で、マグロのお寿司1貫に含まれる水銀量より少ない量です。

一時期、チメロサールが自閉症の原因となるのではないかと、騒がれましたが現在、チメロサールと自閉症の関連は否定されています。

聞くところによると、論文を書いたイギリスの医師が、ワクチンメーカーを相手に訴訟を準備していた人から賄賂を貰って、データを捏造(ねつぞう)した事が判明したそうですよ。

このことがあってから、ワクチンからチメロサールを削除しようという努力があって、現在は保存剤なしのインフルエンザワクチンがでています。

希望すれば保存剤なしのワクチン接種ができますが、取り扱っている病院はまだ少ないです。

ワクチンの中身は?

インフルエンザにはいろんな種類があります。ワクチンは毎年どのウイルスが流行するかを予測して、3つのウイルスを選んで作られているんです。

ワクチンの基になっているのは、選ばれた3つのウイルスです。この3つのウイルスをワクチン株というんですが、ワクチン株を決めるのは、国立感染症研究所や、インフルエンザ研究の専門家です。

メーカーが勝手にワクチン株を変えることはできません。小児科の先生が言ってた「ワクチンの基は同じ」というのはこのことです。

去年までインフルエンザワクチンはA型株2種類、B型株1種類の3種でしたが今年からB型株が追加され、ワクチン株が4種になっています。

インフルエンザ予防接種の料金が安いのは怪しくない?

インフルエンザ予防接種の料金

インフルエンザ予防接種の料金は、3000~3500円くらいが平均的な料金ですが病院によっては2500円で接種しているところもあります。

料金は安い方が嬉しいけど、あまりに安いと、なんかあるんじゃないか(・_・?)なんて不安になりますよね。でも不安に思うことはないですよ。

ワクチンの仕入れ値というか、購入費1回あたりの料金は1000円くらいなんです。そこに診察の費用や注射器の費用、人件費などをプラスして病院が自由に料金を決められるようになっているんです。

インフルエンザワクチンは日本全国同じものだから、2500円で接種できるのは怪しいというより良心的な病院だなと思います。私なら迷わず安い所に行きます。

おわりに

インフルエンザの予防接種の2回目を違う病院で受けても大丈夫なのか、ワクチンのことや料金のことなどを紹介しました。参考になったでしょうか?

予防接種の時期になると毎年「今年はいくら?」と気になりますよね。私も毎年、受けるのやめようかな~。でも、インフルエンザにかかって酷くなったら、治療代の方が高くつくかなと考えてしまいます。

子供は2回うたなきゃいけないから大変ですよね。予防接種の料金は、市立病院とか大きな病院より、個人医院やクリニックの方が安いみたいですよ。

インフルエンザ予防接種2回目の間隔!4週間以上あいたらダメ?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 厄年 贈り物
  2. 正月に飾る花
  3. 年賀状賀詞の意味
  4. 謹賀新年・迎春目上の年賀状
  5. 鏡餅いつから飾る

人気記事

  1. 先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の意味!どんな日?
  2. いぼ痔の手術!費用はどれくらい?健康保険は使える?
  3. 靴擦れの治し方!水ぶくれはつぶしていい?めくれた皮はどうする…
  4. 三回忌の服装!参列する時は喪服を着るべき?
  5. 酒粕の保存!冷凍しても大丈夫?
  1. いぼ痔の手術費用

    健康・医療

    いぼ痔の手術!費用はどれくらい?健康保険は使える?
  2. しめ飾りの処分

    年末年始・正月

    しめ飾りの処分の仕方!しめ飾りを外すのはいつ?
  3. いちごジャムの砂糖

    暮らし

    手作りジャムにとろみがつかない!なぜ?どうすればいい?
  4. 正月に飾る花

    年末年始・正月

    お正月に飾りたい縁起のいい花
  5. 三寒四温の意味

    暮らし

    三寒四温ってどんな意味?いつ頃使う言葉なの?
PAGE TOP