健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

賀正・頌春!年賀状の2文字言葉ってどんな意味?目上の人に使える?

賀正・迎春・賀春・頌春意味

年賀状のテンプレートを探すと、賀正・迎春・賀春・頌春という2文字のものや
謹賀新年のような4文字がありますが、どういう意味か知ってますか?

迎春は、春を迎えてめでたいという意味かなと思うんですが、
賀正や賀春、頌春は、わかるようで、よくわからないですね。

賀詞(がし)には、目上の人にだす年賀状に使うと失礼になる文字があります。
2文字の賀詞は使えるのでしょうか?

今日は、年賀状に使われる賀正・迎春・賀春・頌春など、2文字の意味や
目上の人に使えるのかどうかについて紹介します。


賀正・頌春・賀春・迎春ってどんな意味



年賀状の最初に書く文字を賀詞(がし)といいいますが、賀正や頌春、賀春、
迎春などは、お正月の挨拶を2文字にまとめたものです。


賀正や賀春のという文字には祝う、という文字には、新年・年の初めという意味があり、
頌春(しょうしゅん)のは、たたえる・ほめるという意味があります。


2文字の賀詞の意味を簡単にいうと、

賀正:お正月をお祝いします

賀春:新年をお祝いします

迎春:新年を迎えます

頌春:新年をたたえます

という意味になります。なんだかあっさりしていますね ^^)




賀正・頌春・賀春・迎春の使い方

賀正・頌春目上の人

2文字の賀詞は目上の人には使いません。
使うと失礼になります。会社の上司に出しちゃダメです。


賀正・頌春など2文字の賀詞の意味を知ると、「あけましておめでとうございます」
の方が丁寧な感じがしませんか?


2文字の賀詞は、お祝いの言葉を簡単に表していますが、相手に対しての敬意が
省略されているんです。


だから、親しい人や友達、後輩の年賀状には使えますが、会社の先輩や上司など
目上の人の年賀状に使うと、敬意のない失礼な年賀状になってしまいます。



賀正の後に”新春のお慶びを申し上げます”は変!

賀正・頌春2文字


賀正と書いた後に、「新春のお慶びを申し上げます」とか
「あけましておめでとうございます」と書いていませんか?


気持ちはわかるんですが、賀正や頌春など、賀詞を使ったら新年の挨拶文は
いりません。意味がかぶってしまいます。


賀正や頌春などの賀詞は、「あけましておめでとう」と言っているのと同じです。
「あけましておめでとうございます」の後に、「新春のお慶びを申し上げます」
とは書かないですよね。


謹賀新年の意味や使い方や、上司に送る年賀状の文例をこちらの記事で
紹介しています。謹賀新年と迎春!目上の人に使って大丈夫?意味は?


おわりに



年賀状に使われる賀正・迎春・賀春・頌春など、2文字の賀詞の
意味や使い方などを紹介しました。参考になったでしょうか?


毎年、年賀状の最初の言葉は「あけましておめでとうございます」を
使っているんですが、今年は賀詞を変えてみようと思っています。


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。