健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

日傘のUV効果は何年続く?1シーズンで買い替えが必要?

日傘のUV効果はどれくらい持続する?

日傘のUV効果は何年くらい続く?日傘って使っていると色あせてきたり、白いものは薄汚れて黒ずんできたりして、紫外線を防いでいるのか心配になりませんか。

日傘を買う時、UVカット率や遮光度は書いてあるけど、UV効果が何年持続するかは書かれていないですよね。半永久的にUV効果があるってことなんでしょうか?

そこで今日は、日傘のUV効果はどれくらいもつのかや、UV効果を長持ちさせる方法があるのか調べてみました。

スポンサーリンク



日傘のUV効果はどれくらい持続する?



日傘のUV効果がどれくらい持続するかは、UVカット加工の日傘か、UVカット素材の日傘
かによって変わります。


UVカット加工の日傘とは、紫外線吸収剤や反射剤を布地になじませたり、後から吹き付けたものです。手頃な値段で買える日傘はほとんどが、UVカット加工の日傘です。


見た目は買った時と変わりなく見えても、春から夏にかけての強い陽射しを浴び続けると
生地が摩耗(まもう)して傷んでしまい、紫外線をカットする効果も低下していきます。


UVカット加工の日傘の場合、UV効果があるのは2~3年です。

UVカット素材の日傘とは、紫外線を吸収し熱線を反射する素材(セラミックやチタンなど)を繊維に練り込んだものです。


UVカット素材の日傘は、直射日光で日焼けして傘の色があせても、生地が薄くなっても、UV効果は変わりません。極端に言えば、生地が破れない限りUV効果は続きます。


その分値段は高めで1万円以上しますが、本気のシミ対策にはUVカット素材の日傘がおすすめです。ロサブランの完全遮光日傘は、女性誌でも紹介されていて人気があります。

スポンサーリンク



UV効果を長持ちさせる日傘のお手入れ方法



UVカット加工の日傘は、生地の表面が加工がされているので、強くこすったりすると、UV加工が剥がれてしまいます。


汚れが気になる時は、おしゃれ着用の中性洗剤をぬるま湯で薄め、スポンジに含ませてポンポンと軽くたたくようにして汚れをとります。


汚れを落とした後は風通しのいいところで乾かして、乾燥させた後に防水スプレーを吹きかけておくと、汚れがつきにくくなるのでおすすめです。


UVカット素材の日傘は汚れても摩擦しても、UV効果が落ちることはありません。でも、汚れが目立つ時は、UVカット加工の日傘と同じようにお手入れしましょう。


日傘をしまう時は太陽や蛍光灯の当たらない、湿気のない乾燥した場所にしまうようにしましょう。


UVカット率、遮光率って何?違いは?



UVカット率とは、紫外線をカットする率のことで、これが高いほど、日焼け予防になります。


遮光率とは、目に見える光をカットする率の事です。遮光率が高いほど、日陰にいるような涼しさを感じることができます。


シミや日焼けが気になる方はUVカット率が高いもの、陽射しが気になったり、暑さをしのぎたいなら遮光率の高い物を選ぶといいです。



おわりに



日傘のUV効果はどれくらいもつのかや、UV効果を長持ちさせる方法を紹介しました。参考になったでしょうか?


UVカット加工の日傘って、1シーズンではないけれど2~3年しかもたないんですね。私の日傘は古いからUV効果は完全になくなっているな~。


完全遮光日傘が気になるけど、つい安い方に目がいってしまいます。でも、2~3年で買い替えが必要なら、破れるまでUV効果が続く日傘の方がお得かもしれませんね。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。