健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

喪中の神社参拝はダメなの?お祭りも参加できない?

喪中に神社を参拝してはいけないとか、鳥居をくぐってはいけないとか、よく聞きますよね。じゃ、神社のお祭りも参加できないんでしょうか。

鳥居をくぐらず、脇から入ればいいという考えもあるようですが、そんなものでしょうか?ちょっと違うような…

なぜ喪中に神社を参拝してはいけないんでしょう。もし、知らずに参拝してしまったらどうすればいいんでしょう。

ということで、今日は、喪中の神社参拝について調べてみました。

スポンサーリンク



喪中の神社参拝はできる?できない?



喪中の神社参拝を避けた方がいいのは、最長で50日間です。50日を過ぎれば、喪中であっても神社への参拝はできます。


一般的な仏式では四十九日の法要、神式の場合は五十日祭が終わるまでは忌中(きちゅう)と言って、


神事への関わりを控えるため、家の中の神棚も閉じて白い布で覆ってしまいます。


四十九日の法要、五十日祭が終わると忌明け(きあけ)といって、忌明け後は神棚も元に戻し神社に参拝しても大丈夫なのです。


忌中の期間は亡くなった人がどれだけ身近な人だったかで違います。


  • 父母・夫・妻・子供ー50日
  • 祖父母・孫・兄弟・姉妹ー30日
  • 曾祖母・ひ孫・甥・姪・叔父・叔母・伯父・伯母ー10日
  • その他の親戚ー3日
  • 特に親しい友人ー2日程度


忌中は神社の参拝だけでなく、お祭りに参加したり、御札を取り替えに行くことも控えます。


喪中は1年続きますが、神社の参拝を控えるのは忌中の50日だけなので、忌明け後であれば初詣にも行けるということですね。

スポンサーリンク



喪中に神社に参拝できないのはなぜ?



なぜ喪中に神社に行くことを控えた方がいいのか?


それは、神様が祀られている神聖な場所である神社に、穢れ(ケガレ)を持ち込まないためです。


神道では、死は穢れ(ケガレ)として、ケガレに触れると神様はその力をなくしてしまうという考えがあります。


ケガレというと汚いというイメージがありますが、そうではありません。


ケガレは「気枯れ」につながるもので、生きるための活力を失っている状態のことです。


忌中は気持ちが落ち込み、生きるための気力を失なっている状態を、気枯れ=ケガレとして、神社への参拝はタブーとされているのです。


忌中に参拝してしまったらどうするの?



忌中に神社への参拝を控えることを、参拝の後に知ってしまうと、「どうしよう、何か悪いことがおこるんじゃ…」と不安になりますが、


気がついたらその後は50日が過ぎるまで、神社へ行かないことが大切です。


何か問題が起こると忌中に神社へ参拝したからではと、不安が消えない場合は、神社へ連絡してお祓いをしてもらうと良いと思います。


忌中に神社へ行くのは良くない、お祭りなどの神事に関わってはいけないと知ってはいても、どうしても大事なお祝いや祭りがあるとか、


家を建てるための地鎮祭が決まっているなどで、神社に行かなければいけないことってありますよね。


そういう場合は、神社でお祓いをしてもらってから行うそうです。

スポンサーリンク



鳥居をくぐらなければいいは間違い



喪中は神社の鳥居をくぐらず、脇から入ればいいという考えもあるといいましたが、それは間違いです。


鳥居は神社の神聖さを象徴する建物で、ここからは神様がいらっしゃる神域ですよという印で、人間が住む俗界と神域を分ける結界です。


鳥居をくぐることで、日常で知らずに身につけている悪いものを浄化してもらっているのです。


だから、神社へ参拝に行くときは必ず鳥居をくぐって入りましょうね。


おわりに



喪中の神社参拝について、参拝を控えたほうがいい期間や、なぜ喪中は神社へ行ってはいけないのかを紹介しました。


まとめると、

1,喪中の神社参拝は1年ではなく、最長で50日。 
  50日を過ぎていれば、神社への参拝もお祭りへの参加もできる。


2, 喪中(50日前)神社を参拝してしまったら、
  その後は50日がすぎるまで神社へ行かないようにする。
  参拝したことが不安な人は神社でお祓いをしてもらう。


3, 忌中にどうしても神社に行かなければ行けない場合は、
  お祓いをしてもらってから神社に入る。


4,神社に参拝する時は必ず鳥居をくぐる。


喪中の神社参拝やお祭りの参加はダメというのは、忌中(最長50日)と喪中(約一年)が、一緒になって


間違って伝わっているのかもしれませんね。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。