健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

ピーナッツの薄皮って栄養あるの?健康に良いってホント?

ピーナッツの薄皮

ピーナッツについてる薄皮って食べますか、むきますか?

私はむいて食べるものだと思っていたんですが、最近、ピーナッツの薄皮は健康に良いらしいという話を聞き、薄皮って食べられるんだと知りました。

薄皮にどんな栄養があるんだろう、何が体にいいんだろうと思って調べてみたら、エッ!今まで、なんてもったいないことをしてたんだろうと思いました。

今日は、ピーナッツの薄皮の栄養、健康効果をお伝えしたいと思います。

ピーナッツの薄皮はポリフェノールが豊富

ピーナッツの薄皮には、たくさんのポリフェノールが含まれているそうです。

ポリフェノールは抗酸化力が強く、体を酸化させる有害な物質を、無害な物質に変える作用があることは知られていますよね。

アントシアニン、カテキン、カカオポリフェノールなど、ポリフェノールには多くの種類があり、健康効果も様々ですが、

ピーナッツの薄皮に含まれているのは、レスベラトロールという、細胞の老化を遅らせ、若さを保つ働きがあるポリフェノールです。

レスベラトロールというと、リンゴベリーやブルーベリーなどのベリー類、葡萄(ぶどう)といった果物が浮かびますが、

レスベラトロール

ピーナッツの薄皮にもたくさん含まれているそうです。

ピーナッツそのものにも抗酸化作用はありますが、ピーナッツの薄皮を剥がすと、抗酸化力は半分くらいになってしまうので、

薄皮も一緒に食べることが必要なんだそうですよ。

ピーナッツの薄皮にはどんな効果があるの?

ピーナッツの薄皮の効果というより、薄皮に含まれているレスベラトロールには、たくさんの健康効果があります。

動脈硬化の予防

レスベラトロールには、血管の柔軟性を高める働きがあります。

血管が柔らかいと広がりやすく、血流も良くなることから、動脈硬化予防の効果が期待されています。

動脈硬化の予防は高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などの予防にも繋がりますね。

メタボの予防

レスベラトロールの摂取は、激しい低カロリーダイエットを行った時と、同じくらいの代謝改善効果があり、

炭水化物制限ダイエットと同じ効果が期待できるそうです。

肥満の防止

お腹周りの脂肪や皮下脂肪についての臨床試験では、レスベラトロールを含まないプラセボを摂取していたグループは、約10%皮下脂肪が増えていたのに対し、

レスベラトロールを摂取していたグループは、皮下脂肪がほとんど増えなかったという結果がでているそうです。

美肌効果

レスベラトロールは、コラーゲンを分解してしまう酵素の働きを抑え、コラーゲンの減少を防ぐことで、肌のハリや弾力性がアップすることや、

肌の角質層の水分量が増え潤いがアップすること、肌のシミが減少することがわかっています。

おわりに

ピーナッツの薄皮の栄養、健康効果をお伝えしました。参考になったでしょうか?

知らなかったとはいえ、ピーナッツの薄皮をむいてた私は、今まですごくもったいないことをしていたんですね。

ピーナッツの薄皮が健康に良いとは言っても、カロリーが高いので食べ過ぎは良くありません。1日20粒を薄皮付きで食べるのがいいそうです。

<ピーナッツ関連記事>
落花生とピーナッツの違い

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。