健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もりそばとざるそばの違いは?海苔の有無だけ?

ざるそばもりそば違い

「もりそば」と「ざるそば」どちらも茹でたそばを冷たくして、つゆをつけて食べますが、どこが違うんでしょう。見た目の違いは、そばの上に刻んだ海苔があるかないかですが、それだけなんでしょうか。

刻み海苔が少しあるだけで、「ざるそば」の値段が高いのは、なんだか納得できないような…他にも違いがあるんじゃないかな?

ということで、今日は「もりそば」「ざるそば」「せいろ」の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク




「もりそば」と「ざるそば」の違いは器と汁と粉



今は「ざるそば」と「もりそば」の違いは、海苔がかかっているか、いないかの違いになっていますが、もともとは、明確な違いがありました。


ざるそばが生まれたのは江戸中期、あるお蕎麦屋さんが、そばを竹ざるに盛り「ざる」という名前で出したのが始まりです。


皿や蒸籠(せいろ)に盛るのが一般的だった中、ざるに盛った「そば」は庶民の間で評判となり、江戸の名物そばとして広がりました。


この頃は「ざるそば」と「もりそば」の違いは、皿・蒸籠(せいろ)に盛るか、竹ざるに盛るかという器の違いだけでしたが、


明治時代になると「ざるそば」は「もりそば」より、高級なそばに位置づけられ、そば粉や汁(つゆ)にも違いがでてきました。

ざる汁

お蕎麦屋さんは、ざるそばともりそばを区別するため、ざるそばにはもりそばより高級なそば粉を使い、ざる汁(つゆ)と言って、


当時は高価だった味醂(みりん)を使い、コクや香りの深い専用のつゆを出すようになりました。「ざるそば」にざる汁を出すというのは、決まりだったようですが、


今はざる汁を作る店は少なくなっていて、そば粉や汁で「もりそば」「ざるそば」の違いをだしているお店は、ほとんどないそうです。


ざるそばに海苔がかけられるようになったのも、明治になってからのことです。

スポンサーリンク



「せいろ」とは?



お蕎麦屋さんには「せいろ」というのもありますよね。せいろとは、蒸し器の蒸籠(せいろ)に盛られたそばのことです。


江戸後期、幕府に蕎麦屋が値上げを要求したところ、値上げは認めらず、器を底上げして、そばの量を減らすことが許されたことから、


皿より高さのあるせいろに盛って、「せいろ」と呼ぶようになったそうです。もりそばをせいろに盛ったというだけです。

せいろそば

なぜ蒸し器の蒸籠?


昔の「そば」は、小麦粉などの「つなぎ」を混ぜないで、そば粉だけで作られた十割蕎麦でした。


十割蕎麦は茹でるとちぎれやすいため、昔は、そばは蒸篭(せいろ)で蒸すものでした。


そばを茹でるようになったのは、蕎麦粉8に、小麦粉2を混ぜた粉で打った「二八蕎麦(にはちそば)」が考案されてからです。

スポンサーリンク



まとめ



「もりそば」「ざるそば」の違いは、時代によって変わってきている。

1,江戸時代は、ざるにもったそばを「ざるそば」、皿・蒸籠(せいろ)に盛ったそばを「もりそば」と呼んでいた。


2,明治時代は、そばの素材や汁に違いがあり、「ざるそば」は「もりそば」より高級なそばだった。


3,現在は、海苔がかかっているかいないかの違いだけになっている。


4,「せいろ」は、値上げが認めらず、器を底上げして、そばの量を減らしたもりそばのこと。


「ざるそば」は「もりそば」より高級という、イメージが今も残っているから、ざるそばの値段が少し高めに設定されているんでしょうかね。



<食べ物の違い関連記事>
白玉粉・上新粉・だんご粉の違い

薄力粉とお麦粉の違い

漬物・お新香・香の物の違いは?

お粥・おじや・雑炊・リゾットの違い

しらたきとこんにゃくの違い

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。