健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

お粥・おじや・雑炊・リゾットの違いって何?

お粥・雑炊・おじや・リゾットの違い

鍋料理の残りにご飯を入れたものは、おじやなの?雑炊なの?雑炊やおじやとお粥はどう違うの?

お粥や雑炊、おじや、リゾットって、出来上がりはほとんど同じように見えるのに、呼び方が違って紛らわしいですよね。何か明確な違いがあるんでしょうか?

今日は、お粥・雑炊・おじや・リゾットの違いを調べてみました。

お粥と雑炊の違い

お粥と雑炊の一番大きな違いは、お米の使い方です。

お粥は、生のお米に水を多目に入れて、米を軟らかく煮た物です。お粥は水だけで煮るのが基本で、出汁(だし)や具材をいれません。

一方、雑炊に使うのは炊いたお米(ご飯)です。

雑炊は、出汁(だし)に具材を入れて煮込んだ中に、炊いたお米(ご飯)を入れたり、鍋料理の残りにご飯を入れて煮込んだものです。

鍋料理の残りで作る雑炊には、いろんな味が付いているけど、お粥には味が付いていないというのも、お粥と雑炊の違いですね。

お粥の味付けは、食べるときに塩を少し入れるくらいです。

雑炊とおじやの違い

おじや・雑炊の違い

おじやも雑炊も炊いた米(ご飯)を使います。出汁(だし)に具材を入れて、炊いたお米(ご飯)を入れて煮込むのは同じです。

何が違うのかというと、

雑炊とおじやの違いは、ご飯を洗うか、洗わないかの違いです。

ご飯を水で洗って表面の粘り気を取ってから煮込むのが雑炊で、ご飯をそのまま入れて煮込むのがおじやです。

ご飯の粘り気を取るので、雑炊はさらっとした仕上りになり、おじやはどろっとした仕上がりになると言われていますが・・・

元々は雑炊とおじやは同じものだったようです。

おじやというのは、室町時代、宮中に仕える女房(にょうぼう/女性の使用人)の間で、使われていた言葉で、

雑炊が煮えるときの音が「じやじや」と聞こえたことから、「お」を付けて、おじやと呼んでいたそうです。

庶民は雑炊と呼び、宮中ではおじやと呼んでいたんですね。

そう考えると、雑炊とおじやの違いと言われる、ご飯を洗う、洗わないというのは、いつ頃から違ってきたんでしょうね?

雑炊・おじやとリゾットの違い

リゾット・雑炊・おじや違い

リゾットは、イタリアの代表的な米料理のひとつで、ピラフがイタリアに伝わって変化したものだと言われています。

リゾットは、生の米を洗わずオリーブオイルやバターで炒め、そこにスープやワインなどの水分と具材を入れて、水分が飛んでなくなるまで煮込んだ物です。

水分と具材を入れて煮込むのは雑炊やおじやと同じですが、雑炊やおじやと違うのは、仕上がりのお米の状態です。

雑炊やおじやはお米が柔らかく仕上がりますが、リゾットはお米の形を崩さないように、煮込んでいる間はあまりかき混ぜず、米の芯が少し残った状態に仕上げます。

日本ではお米の芯が残っていると、生煮え?と思うかもしれませんが、イタリアではパスタと同じく、芯が残って歯ごたえのあるアルデンテが好まれるそうです。

まとめ

今日は、お粥・雑炊・おじや・リゾットの違いを調べてみました。それぞれの違いをまとめると、

1,お粥と雑炊の違いは、お米の使い方。
お粥は、生のお米に水を多目に入れて軟らかく煮た物で、雑炊は出汁や具材に炊いたお米(ご飯)を入れて煮た物。

2,雑炊とおじやの違いは、ご飯を洗うか、洗わないか。
ご飯を洗って使う雑炊はサラッとした仕上がり、洗わず使うおじやはどろっとした仕上がりになる。

3,雑炊・おじやとリゾットの違いは、仕上がりのお米の状態。
雑炊やおじやはお米が柔らかく仕上げるが、リゾットは米の芯が少し残った状態に仕上げる。

<違いの関連記事>

漬物・お新香・香の物の違い

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。