健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

降水量1mmってどのくらい降るの?傘は必要?

降水量1mmってどれくらい降る

降水量1mmってどのくらいの雨が降るんだろう、傘が必要かな?濡れるのは嫌だけど、傘を持っていくのはジャマ…迷いますよね。

降水量10mm以上だと雨がザーザー降って、水たまりができるそうですが、1mmってどのくらい降るのか良くわかリませんよね。

そもそも降水量はなぜ長さの単位「mm」なのか、雨が1mm降るってどういうこと?と思って調べてみました。

今日は、降水量1mmはどのくらい降るのか、降水量の目安、降水量の意味を紹介したいとお思います。

スポンサーリンク


降水量1mmはどのくらい降る?


降水量1mmと聞くと「それくらいなら傘はいらないな」と思いがちですが、1mmの雨って意外と降りますよ。


降水量1mmは、傘がなくてもなんとかがまんできる程度の雨ですが、気象庁では少数点以下を切り捨て、


1.0mm から1.9mmまでを「降水量1mm」と表示しているんです。同じ1mmでも1.0mmと1.9mmでは雨の降り方が違います。


降水量2mmになると誰もが傘をさしている状態なので、降水量1mmと表示されても1.9mmの場合は、傘がないとひどい目にあうことになります。


ちなみに、降水量0は雨が降らないという意味ではありません。1時間に0.9mmの雨が降っても降水量は0と表示されるし、


1時間の内最初の30分間に1.8mmの雨が降って、雨がやんでしまった場合は0.9mm/1時間となり、降水量は0となります。


降水量1mmでも折りたたみの傘を持っていた方が安心です。

スポンサーリンク


降水量の目安


降水量0.1~0.5mm未満 霧雨
雨粒が霧のように細かく、音もなく静かに降る雨
傘がなくてもがまんできる程度ですが、長時間外にいるようなら傘があった方が良いかも。


降水量0.5以上~1mm未満 音もなくしとしと降リ続く雨。
傘がなくてもなんとかがまんできる程度ですが、にわか雨や通り雨のように、一時的にザーと降る場合もあります。


降水量1以上~5mm未満 音を立てて降る雨。
1mm以上になると傘がなければ短時間でも濡れてしまいます。


降水量5mm以上
傘をさしていても濡れてしまう程の強い雨。


降水量の意味


降水量って「mm」で表しますよね。


なぜ水の量を長さで表すんだろうと思ったら、降水量は、実際には、降水「量」ではなく、降水「深さ」を表しているんですね。


降水量は、降った雨がどこにも流れ去らずにそのまま溜まった場合の水の深さで、mm(ミリメートル)で表しています。

例えば、「1時間で100ミリの降水量」は降った雨がそのままたまった場合、1時間で雨が水深10cmとなるということです。気象庁


降水量は雨だけじゃなく、雹(ひょう)やあられ、雪が降った場合も含まれます。


降水量1mmはどのくらいかと言うと、1m×1mの箱に1時間に深さ1.0mm~1.9mmの水が貯まる量ということになります。

スポンサーリンク


おわりに


降水量1mmはどのくらい降るのか、降水量の目安、降水量の意味を紹介しました。参考になったでしょうか?


降水量1mmを軽く考えちゃいけないようですね。降水量1mmの時に外出するなら、傘をもって行った方が良さそうです。


降水量0でも0.9mmの雨が降ることもあると思って、職場に置き傘をしたり出かける時は、折りたたみ傘を持ち歩いた方が良いような気がします。


「備えあれば憂いなし」といいますからね。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。