健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

雛人形はいつからいつまで飾るもの?飾るのに良い日があるの?

雛人形いつからいつまで飾る

ひな祭りが近づくたびに「雛人形っていつからいつまで飾るものなんだろう?」と思いませんか。

雛人形は早く片付けたほうが良いとはよく聞きますが、「早いっていつ?」なんて思っちゃいますよね。

雛人形飾るのに良い日や、片付けるのに良い日があるんでしょうか?

今日は、雛人形はいつから飾るものなのか、雛人形飾るのに良い日はあるのか、いつまで飾るものなのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク


雛人形はいつから飾るもの?


雛人形を飾る日に決まりはありませんが、節分の豆まきで厄を払った翌日、立春から2月中旬までに飾るのが一般的です。


ひな祭りを旧暦で4月3日に行う場合は、お彼岸を過ぎてから飾る所が多いです。


初節句ではじめて雛人形を飾る場合は、節分の前やお彼岸の前に飾っても大丈夫です。


雛飾りを注文した初めての年については、誤配や破損・欠品のチェックも重要です。

お披露目もあるでしょうし、時期が多少早くても大丈夫です。天鳳堂資料室


子供の成長を願うお祝いだから縁起の良い日ということで、立春を過ぎた最初の大安の日に飾るという人が多いですが、


大安の日にこだわる必要はありません。


飾り付けが大変かも知れませんが、遅くてもひな祭りの1週間前には、飾り付けが終わるようにしましょうね。


雛人形を飾るのに良い日があるの?


雛人形を飾るのに良いと言われる日は、24節季のひとつ雨水(うすい)の日です。


雨水とは、そろそろ暖かくなってきて、空から降る雪が雨に変わり、氷も溶け始め春が始まる時期という意味です。


なぜ雨水の日が良いのかは諸説あるようですが、ひな祭りの由来が水に関係した行事であることや、


新緑が芽吹くように、良い縁が芽吹くといった説があるようです。


昔から雨水に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれているようです。


雨水の日は立春から数えて15日目頃で、2月19日(18日の年もある)になります。

スポンサーリンク


雛人形はいつまで飾るもの?


雛人形は早く片付けた方が良いからと、3月3日の夜や翌日に片付ける人もいるようですが、そんなに慌てて片付けなくても大丈夫です。


雛人形を片付けるのは5日以降、10日~2週間を目安に、暖かい乾燥した日に片付けましょう。


ひな祭りは三月二日・宵節句(宵祭り)、三月三日・本節句(本祭り)、三月四日送り節句(後祭り)といって三日間の祭事日が正しいのです。

ですから、お雛様を仕舞う日は、五日以降から中頃までの天気の良い、良く乾燥した日を選んで下さい。人形工房サンキュー


昔の雛祭りは旧暦で行われていました。今で言えば3月下旬から4月中旬くらいで、桃の花が咲く頃ですね。


地域によっては旧暦まで続けて飾る風習もあるので、三月いっぱい飾っていても問題ありません。


早く片付けないと「婚期が遅れる」という言い伝えがありますが、根拠はありません。


まとめ


「雛人形はいつからいつまで飾るものなのか?」を紹介しました。

1、雛人形を飾るのは、立春から2月中旬までに飾るのが一般的だが、初節句の場合は早めに飾っても良い。

2、旧暦で4月3日に行う場合は、お彼岸を過ぎてから飾るところが多い。

3、雛人形を飾るのに良い日は「雨水の日」雨水の日に飾ると良縁に恵まれると言われている。

4、雛人形を片付けるのは、5日以降、10日~2週間を目安に、暖かい乾燥した日に片付ける。


<ひな祭り関連記事>

ひな祭りに白酒を飲むのはなぜ?

ひな祭りにちらし寿司を食べるのはなぜ?意味や由来

ひな祭りに飾る菱餅の意味や由来

おひな様の由来!ひな人形を飾る意味は?お内裏様の並べ方は?

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。