健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の意味!どんな日?

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口意味

カレンダーや手帳に書かれている、大安・仏滅・先負・友引・先勝・赤口って何?どんな意味があるの?と思ったことありませんか。

大安・仏滅・先負・友引・先勝・赤口は、六曜(ろくよう・りくよう)というもので、その日の運勢を表しているんです。

迷信だと言う人もいますが、「結婚式やお祝い事は大安の日が良い」とか「友引には葬儀を避ける」という人は多いですよね。

今日は、最初に六曜とは何かを簡単に紹介して、その後に大安・仏滅・先負・友引・先勝・赤口それぞれの意味(どんな日か)、結婚や葬儀など行っていいのかを紹介したいと思います。

六曜(ろくよう・りくよう)とは?

六曜は中国から伝わった吉凶占いです。

普段はあまり気にすることはありませんが、結婚などの祝い事や、お通夜、葬儀、法事などの冠婚葬祭の日を決める時には使われます。

先勝(せんしょう/さきがち)友引(ともびき)先負(せんぷ/さきまけ)
 
仏滅(ぶつめつ)大安(たいあん/だいあん)赤口(しゃっこう/しゃっく)という6つの曜日があり、

それぞれに吉・凶や運勢が定められています。
      

カレンダーに記載されるようになったのは、江戸時代の終わり頃からです。

明治時代は六曜の吉凶は迷信だとされ、政府が記載を禁止しましたが、六曜を必要とする要望があり、完全に禁止することはできず、今に引き継がれています。

政府は六曜を禁止したため、今でも、行政や公共機関が発行するカレンダーには、六曜は記載されていないようです。

先勝(せんしょう/さきがち)の意味・どんな日?

先勝は「先(さき)んずれば勝ち」という意味で、何事も急ぐことが吉とされる日で、午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶とされています。

早く事を行うのがよいとされ、急用や訴訟などによい日とされており、結婚式は午前中に行うならよいと言われています。

葬儀・法事は午前でも午後でも問題はありませんが、先勝の次の日は友引になるので、お通夜は避けたほうが良いです。

友引(ともびき)の意味・どんな日

友引は「友を引く」という意味があり、葬儀を避けるべき日です。お通夜や法事は友引を避ける必要はないとされています。

友引に葬儀を行うと故人と親しかった人も、連れていかれてしまうと言われていて、斎場や火葬場は、休館日となっている所が多いです。

ですが、結婚式や祝い事は「友を引く」という意味が、親しい友人の結婚を引くとか、幸せのおすそ分けと考えられ、

友引は大安の次に結婚に向いている日と言われています。

気をつけたいのは、友引は「朝は吉」「昼は凶」「夕は大吉」と、1日の中で時間によって吉と凶が変わります。

友引の日に結婚するなら、挙式は午前中か夕方開始がいいですね。

先負(せんぷ/さきまけ)の意味・どんな日

先負は先勝の逆で「先(さき)んずれば負け」という意味です。何事も先(さき)だってはいけないとされる日です。午前中は凶、午後からは吉とされています。

勝負事や急用は避けるほうがよいとされ、先負の日に訴訟を起こしたり、争いごとは起こさないほうが良いとされています。

先負の日のお通夜・葬儀・法事をすることは、午前でも午後でも特に問題はありませんが、結婚には向かない日とされています。

仏滅(ぶつめつ)の意味・どんな日

仏滅は「仏も滅(めっ)する凶日」という意味で、六曜の中で最も縁起の悪い日とされ、結婚や祝い事は避けた方が良いとされています。

仏様(ほとけさま)を滅(ほろ)ぼすなんて、怖い字が使われていますが仏教とは全く関係はなく、お通夜、お葬式、法事を避ける必要はありません。

お葬式は仏滅に行ってもよい

仏滅にお葬式を行うことに、とくに問題はありません。お葬式はお祝い事ではなく、故人の冥福を祈る行事です。新しく何かをスタートさせるわけではないので、仏滅を気にする必要はありません。

また、六曜は仏教とは関係がないため、宗教上の理由からも、心配する必要はないでしょう。メモリアルサービス

大安(たいあん/だいあん)の意味・どんな日

六曜は知らなくても「大安」は知っているという人は、多いのではないでしょうか。

大安は「大いに安(やす)んじる日」という意味で、六曜の中で最も吉の日です。

大安の日はは何をやっても平穏で安泰(あんたい)に進む日で、祝い事を行なうと良いとされています。

実際に、結納や結婚式、お宮参りなどは、大安の日に行われることが多いですよね。

大安の日で気になるのは、お通夜や葬儀をやってもいいのか?ではないでしょうか。大安に通夜・葬儀そのほか法要を行なっても問題はありません。

赤口(しゃっこう/しゃっく)の意味・どんな日

赤口は「赤」という字がついていることから、火や血が連想され火の元や刃物に気をつける日とされています。午前11時~午後1時は吉、あとは凶とされています。

祝い事に関しては大凶とされているので、結婚は避けたほうが良い日です。

お通夜・お葬式・法事はどうかというと、赤口の日は「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」と言われているので、問題ありません。

おわりに

六曜とは何か、大安・仏滅・先負・友引・先勝・赤口それぞれの意味(どんな日か)、結婚や葬儀など行っていいのかを紹介しました。参考になったでしょうか?

明治時代に国が迷信と決めて禁止していたんですね。

若い人たちは六曜を気にしない人が多いようですが、親世代やおじいちゃんおばあちゃん世代は、冠婚葬祭に関して六曜を気にする人は多いんじゃないかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。