健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

LDLコレステロールより怖い!超悪玉コレステロールとは?

超悪玉コレステロール

LDL(悪玉)コレステロールが高いのは心配だけど、自分はLDLコレステロールは低いから大丈夫と思っていませんか?
LDLコレステロールが低くても、動脈硬化を早め心筋梗塞を招く超悪玉コレステロールが多いかも知れませんよ。
今日は、LDLコレステロールよりもっと気になる、超悪玉コレステロール情報をお届けします。

スポンサーリンク



超悪玉コレステロールってなに?


超悪玉コレステロールとは、簡単に言うと粒の小さいLDL(悪玉コレステロール)のことです。


LDLには粒が大きいものと粒が小さいものの2種類があって、粒が小さいものを小型LDL、またはスモールデンスLDLといいます。


この小型LDLは、通常のLDL(悪玉コレステロール)より動脈硬化を早めることから、超悪玉コレステロールと呼ばれているんです。


超悪玉はLDLコレステロールは、ふつうのLDLコレステロールより粒が小さいため、数が多くてもLDLコレステロール値が上がることがなく、


検査結果は基準値か、基準値より低い場合があることがわかっています。LDLコレステロール値が低いから大丈夫とは言えませんね。


超悪玉コレステロールはなぜ動脈硬化を早めるの?


超悪玉コレステロールは、動脈硬化を起こす直接的な原因ともいわれていて、超悪玉が多いと、心筋梗塞の発症率が3倍になるというデータがあるようです。


超悪玉コレステロールは、粒が小さいために血管の壁に入り込みやすく、壁に溜まりやすいことや、


小粒なために抗酸化作用のある物質(ビタミンEやβカロテンなど)を少ししか含んでいないため、酸化されやすいことから、動脈硬化を早めてしまいます。


コレステロールと動脈硬化の関係とは?
LDL(悪玉コレステロール)は増えすぎると血管壁の内側に入り込み、活性酸素によって酸化されると、それを退治しようと免疫細胞が集まってきます。

でも、酸化したLDL(悪玉コレステロール)が増えすぎて免疫細胞の処理能力が追いつかないと、血管の内側にLDLや細胞の残骸が貯まって塊を作ってしまいます。

この塊が血管の内側を固めてもろくさせるのが動脈硬化です。

超悪玉コレステロールは、中性脂肪値が高い時、HDL(善玉コレステロール)が少ない時に増えていきます。

スポンサーリンク



超悪玉コレステロールが多いのはこんな人


超悪玉コレステロールを多くもっている可能性が高いのは、

  • 狭心症や心筋梗塞にかかったことがある。
  • 家族に狭心症や心筋梗塞にかかった人がいる。
  • 血圧が高い
  • 中性脂肪が多い
  • HDL(善玉コレステロール)値が低い
  • 血糖値が高い
  • 内臓脂肪型肥満がある
  • メタボリック・シンドロームの人


超悪玉コレステロールの検査


LDLが小型化しているかどうかを調べる検査は、「小粒子LDLプロファイル」という特殊な検査と、「リポ蛋白分画精密測定」があります。


小粒子LDLプロファイルは、実際に小型LDLが血液中にどのくらいあるのかを測定する検査ですが、高価で保険が適用されていません。


通常はLDLのサイズを推定できる「リポ蛋白分画精密測定」という検査で調べます。


検査は医療機関によってはできないこともあるので、確認したほうがいいです。


「小型LDLの検査もしくは、スモールデンスLDLの検査をお願いします」といえば、数千円で検査ができます。


おわりに


超悪玉コレステロールとはなにか、どうして超悪玉コレステロールは体に良くないのかや、

超悪玉コレステロールが多いのはどんな人か、超悪玉コレステロールを調べるにはどうすればいいのかを紹介しました。


私も太り気味なので中性脂肪を増やさないように、食事に気をつけようと思います。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。