健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

忌引きがとれるのは何親等まで?叔父叔母はとれる?

忌引き休暇

おじやおばが亡くなった時、忌引きってとれる?
会社で忌引きがとれるのは何親等まで?そもそも忌引きって何?
忌引き休暇という言葉がありますが、自分がその立場にならないと、よくわからないですよね。
今日は、忌引きの意味や、何親等まで忌引きがとれるのか、何日休めるのかなどを紹介します。

忌引きってなに?

私は若い頃、親や親戚の葬儀のために、会社や学校を休むことを「忌引き」というんだと思っていました。

でも、間違いでした。

忌引きとは休みのことではなく、親や親戚が亡くなった時に喪に服すことだったんです。

喪に服す期間に、お通夜や葬儀に参列する理由で会社や学校を休むのは、忌引き休暇というんですね。

忌引き休暇は有給休暇とは違う特別休暇ですが、法律で決まっているわけじゃないので、会社によっては忌引きの制度がないこともあります。

忌引がとれるのは何親等まで?

忌引き制度がある場合、近親者の範囲や、休みが何日とれるかは会社によって異なりますが、一般的には3親等まで忌引き休暇がとれるようです。

配偶者 10日間
父母(1親等) 7日間(喪主なら10日間)
子(1親等) 5日間
兄弟・姉妹・孫(2親等) 3日間
祖父母(2親等) 3日間
叔父・叔母(3親等) 1日間
配偶者の父母(1親等) 3日間
配偶者の祖父母(2親等) 1日間
配偶者の兄弟姉妹(2親等) 1日間

葬儀等が遠距離の場合、往復日数を各1日加算する会社もあります。

私は、祖母が亡くなった時、遠距離での葬儀だったので、往復の分として1日だけ休みを多くもらった事があります。

忌引き休暇は常識のようになっていますが、忌引き制度がない会社も実際にあるので、忌引き休暇を取る前に、就業規則を確認しておいたほうがいいですね。

忌引き休暇の日数の数え方!起算日はいつ?

忌引き休暇の日数の数え方(起算日)も会社によって異なります。

本人の申告に記載された日から数えることが多いですが、亡くなった日から数える会社もあれば、起算日を定義していなかったり、

起算日を死亡日か通夜の日か、どちらかで選択するするようになっていたり、会社によって様々です。

忌引き休暇は会社が決める休暇なので、起算日がいつであっても、会社が決めた起算日に従うしかありません。

注意!忌引き休暇は有給とは限らない

忌引きの制度があるからといって、それが必ずしも有給で休めるとは限らないので注意が必要です。

会社の就業規則に「慶弔休暇は有給とする。」と書かれていれば、忌引き休暇中の賃金をもらえますが、

「無給とする。」と書かれている場合は、給料なしでただ休む権利だけがあるということです。

おわりに

忌引きの意味や、何親等まで忌引きがとれるのか、何日休めるのかなどを紹介しました。参考になったでしょうか?

私が忌引き休暇を取った時は何も知らず、休むのが当然の権利だと思っていましたが、勤め先に忌引き制度があったから休めたんですね^^;

会社の就業規則って大事ですね。あるのは知ってるけど読んだことがないという人は、一度じっくり読んでおいたほうがいいですね。

<関連記事>
家族葬のマナー
三回忌の服装!参列する時は喪服を着るべき?
20代女性の喪服選び!購入前に知っておきたい3つのこと
リクルートスーツで葬儀に出れる?注意することは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。