健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

ひな祭りに飾る菱餅の意味や由来!色にも意味がある?

ひな祭り菱餅意味由来

ひな祭りにはなぜ菱餅を飾るんだろう?

ひな飾りになくてはならない菱餅ですが、菱餅を飾ることにどんな意味がある?、なぜひし形?、どして3色?なんて疑問が湧いてきませんか?

菱餅の色や形にはそれぞれ意味があって、菱餅を重ねる順番で微妙に意味も違ってくるそうですよ。

今日は、ひな祭りに菱餅を飾る意味や由来、菱餅の色の意味と重ねる順番を紹介したいと思います。

スポンサーリンク



菱餅を飾る意味・由来


ひな祭りに菱餅を飾るのは、古代中国から伝わった上巳節(じょうしせつ)に食べていた草餅が始まりです。


上巳節には母子草(ははこぐさ)という草を入れた草餅で、「母と子が健やかであるように」という願いが込められていました。


母子草は春の七草のひとつ、御形(ごぎょう)のことですが、「母と子をついて餅にするのは縁起が悪い」ということで、


日本では、よい香りで邪気を払う力があるとされる、よもぎを使ったよもぎ餅になりました。


ひな祭りによもぎ餅や草餅を食べるという風習は、今も残っているそうです。


江戸時代になると、よもぎ餅に「菱の実」を入れた白い餅が加わり、緑と白の2段重ねや緑と白の5段重ねになったそうです。


明治時代になると、魔除けの色としてクチナシの実を入れた赤が加わって、菱餅は現在の赤・白・緑の3色になりました。


シェリーブラン

菱餅の色の意味


菱餅の赤(桃色)・白・緑の3色の意味は、


赤(桃色)
赤は魔よけの意味があります。桃の花をイメージしているとか、おめでたい色という意味もあります。


白(菱の実)
子孫繁栄、長寿を願うという意味があります。純白の雪をイメージしているとか、清らかでけがれのないという意味もあります。


緑(よもぎ)
厄除けの意味があります。よもぎの強い香りで邪気を払うという意味や、新緑をイメージしているとも言われています。

スポンサーリンク


菱餅はなぜひし方なの?


菱餅の形についてはいろんな説があります。


★宮中で正月に食べられる菱葩餅(ひしはなびらもち)が起源

平安時代、宮中の新年行事に固い鏡餅を食べて、歯を丈夫にし長寿を願う儀式がありました。この時、餅の上に赤い菱餅を敷いたのが始まりという説。


★菱の繁殖力の高さから子孫繁栄を願った

菱は、水底に沈んだ種子から発芽して根をおろす水草で、葉・花・実の形がひし型をしています。元は三角形だった餅を子孫繁栄の願いをこめてひし形になったという説。


★菱の実を食べて長生きした仙人にあやかった

菱の実だけを食べて千年長生きしたという、仙人がいたそうです。その仙人にちなんで長寿の願いを込めて、菱の実の形に似せたという説。


★足利家の習慣が宮中にとり入れられた

室町時代に足利家で、お正月に紅白の菱形の餅を食べる習慣があり、それが宮中に取り入れられて、草餅と重ねて菱餅になったという説がありますが、


なぜ足利家で菱形の餅を食べていたのかはよくわかりません。


★菱餅の形は心臓の形を表している

菱餅の形は心臓の形を表しもので、邪気ををはらって、娘の成長を願う気持ちをあらわしているという説


どれも健康・長寿・繁栄を願っているのがわかりますね。私は菱の実の形に似せた説かなと思っています。

スポンサーリンク


よもぎ餅を重ねる順番は?


菱餅の3色を重ねる順番は下から、緑・白・赤(桃色)が一般的ですが、菱餅はこの3色で春の景色を表現しているそうですよ。


下から緑・白・桃色と重ねると、「白い雪の下には緑の新芽が芽吹き、桃の花が咲いている」という意味になり、


下から白・緑・桃色と飾ると、「白い雪の中から緑の新芽が芽吹き、桃の花が咲いている」という意味になるそうです。


雪の下と雪の中という違いなんですが・・・


雪の中から新芽が芽吹いているのは、「もう春が来てますよ」と告げ、雪の下に新芽が芽吹いているのは、「もうすぐ春が来ますよ」と告げてるみたいですよね。


おわりに


ひな祭りに菱餅を飾る意味や由来、菱餅の色の意味と重ねる順番を紹介しました。参考になったでしょうか?


ひな祭りが近づくと春がきた~という気持ちになって、なんだウキウキしてきますね。いくつになってもひな祭りっていいなと思います。


楽しいひな祭りをお過ごし下さい。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。