健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

三回忌の服装!参列する時は喪服を着るべき?

三回忌の服装

告別式の後には四十九日・一周忌・三周忌・・・と法要や法事が続きますが、法要や法事に参列する場合の服装って悩みませんか?

故人が亡くなってから1年は喪に服している期間だから、一周忌は喪服で参列したけど、三回忌となると喪服を着るべきか、平服でいいのか迷いますよね。

そこで今日は、三回忌の服装のマナーや、香典について紹介します。

スポンサーリンク




三回忌は喪服を着るべき?



三回忌の服装は法事を行う施主側と、招待される側で違います。

法事の時の服装は、月日の経過とともに喪の表現を薄くする。
施主側は招待客よりていねいにする。という2つの原則があります。


施主側は三回忌まで、招待客は一周忌まで喪服を着るのが基本です。


招待されている側であれば、三回忌からは男性ならダークスーツ、女性なら紺やグレーの
スーツなど、地味な平服でかまいません。


ただし、光る時計やアクセサリーなどの着用や、殺生(せっしょう)を連想させる皮革製品は
避けるのがマナーです。


冬場に毛皮や皮革製のコートなどを着用した場合、法事が行われる会場に入る前に脱ぎます。女性の場合ブーツを履くことがあると思いますが、会場に入る前に黒い靴に履き替えます。


法事の服装は地域性や、法事を行う家庭の考えによって異なることがあります。一周忌から平服でいいとする家庭もあれば、何回忌であろうと法事は喪服を着るという家庭もあるので、


嫁ぎ先の法事の場合は、ご主人の実家(お姑様)に尋ねておいたほうが良いと思います。



三回忌とは?



人がなくなって丸1年目を一周忌(一回忌とは言いません)、丸2年目を三回忌といいます。
2年目なのになぜ三回忌なのかというと、亡くなった日を1回目の忌日(きじつ)と
数えるからです。


三回忌とは三回忌までは遺族や親族、友人、知人などが参列して、僧侶にお経をあげてもらい、お焼香をした後に会食をします。


この会食はお斎(おとき)といって、僧侶や参列者へのお礼の気持ちをこめたお膳であり、故人を偲ぶためのものです。


お斎(おとき)をする場合が多いですが、法要だけの場合もあります。

スポンサーリンク




三回忌の香典はいくら包めばいい?



三回忌に包む香典の金額は、故人との関係や参列する人の年齢、法要の後の会食の
有無によって異なります。


金額の相場は、血縁関係がある場合は1万円~3万円、会食がある場合は2万円~5万円
知人・友人の場合は5千円~1万円、会食がある場合は1万円~3万円とされていますが、


実際に法事を行った立場から、私個人の意見をいうと、
血縁関係がある場合は1万円、会食がある場合2万円が目安、
知人・友人の場合は5千円、会食がある場合1万円が目安かなと思います。


香典を包む場合は、黄白、双銀、黒白の結びきりの水引のものを使い、表書きは「御仏前」
や「御供物料」とします。



おわりに



三回忌に参列する場合の服装や香典について紹介しました。参考になったでしょうか?

「平服で」というと普段着と勘違いして、ジーンズや露出の多い服で参列する方がいますが、
さすがにそれはNGです。


法事での平服とは普段着という意味ではなく、場に適した服装ということなので、
勘違いして恥をかかないようにしてくださいね。



関連記事
20代女性の喪服選び!購入前に知っておきたい3つのこと

リクルートスーツでお葬式に出てもいいの?

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。