健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

赤ちゃんの保湿剤!オーガニックでアレルギー?

赤ちゃん保湿剤

赤ちゃんの保湿剤に、オーガニックのものを選ぶママは多いと思います。オーガニックと聞くと「肌に優しそう」「無添加で肌によさそう」というイメージがありますよね。

でも、オーガニック保湿剤は、アレルギーを起こす心配があることを知ってますか?

今日は、オーガニック保湿剤でなぜアレルギーが起こるのか、赤ちゃんの保湿剤はどんなものがいいのかを紹介します。

スポンサーリンク



オーガニック保湿剤でなぜアレルギー?



食べ物としては体にやさしいオーガニックも、肌に塗る場合には別問題!


オーガニック保湿剤には、様々な植物エキスが配合されていますが、植物由来の天然エキスは、未精製の状態ではかなりの不純物が含まれています。


不純物には肌に良いものもありますが、同時にアレルギー物質も含まれているんです。


湿疹などでバリア機能が低下している赤ちゃんの肌に、植物などから抽出して精製されていないエキス成分を繰り返し肌に塗っていると、


皮膚からアレルゲンが侵入して、アレルギーになってしまうことがあります。


植物成分をアレルゲンだと認識してしまった体に、繰り返し塗り続けることは、スギ花粉症の人に、毎日スギ花粉を吸わせているようなものです。


使い始めは良かったけど、使い続けていたら湿疹が出てきて、塗り続けていたら湿疹がどんどんひどくなった。


こんな時は、植物成分にアレルギーを起こしているのかも知れません。


ベビー用であれば、植物エキスの不純物は取り除いてあると思いますが、できれば植物成分を肌に塗るのは控えたほうが良さそうです。

スポンサーリンク



どんな保湿剤がいいの?



肌には水分と油分どちらも必要です。


肌の細胞に必要なのは水分ですが、水分だけをおぎなっても、油分の膜で蓋をしないとすぐに蒸発してしまうし、油分だけをを塗っても保湿にはなりません。


赤ちゃんの保湿剤を選ぶポイント

・水分と油分がバランスよく配合されているもの
   乳液(乳状ローション)やクリームタイプがいいです。

・安全性が確認されているもの

・低刺激の赤ちゃん専用のもの



赤ちゃんにおすすめの2つの保湿剤



赤ちゃんの保湿剤選びに迷っているママに、安全性が確認されている保湿剤を2つ紹介します。


詳しい説明は画像をクリックして公式ページで確認してください。


ママ&キッズのベビーミルキーローション

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ママ&キッズのベビースキンケア用品は、子どもの肌を数多く診察してきた、小児皮膚科医の協力で誕生した低刺激スキンケア製品です。


赤ちゃんにとって理想的なママの胎内環境をお手本に、赤ちゃんの胎脂や羊水に近い保湿成分が配合されている保湿剤で、


アレルギーテスト、新生児・乳幼児連用テスト、食物アレルギーテスト済みの安全性が確認されている保湿剤です。


ファムズベビー




母子健康手帳 副読本にも掲載されている、保湿と保護が同時にできるスキンケア製品です。安全性テスト、低刺激テスト済みで安全性が確認されています。


ファムズベビーは、皮膚に水分や油分をあたえる保湿剤とは違い、あらかじめ肌にバリア層をつくることで、肌の潤いを長時間逃さず保湿すると同時に、


バリア層が肌荒れの原因になる刺激をブロックして、肌トラブルを予防する効果があります。



おわりに



オーガニック保湿剤でなぜアレルギーが起こるのか、赤ちゃんの保湿剤はどんなものがいいのかを紹介しました。参考になったでしょうか?


赤ちゃんの保湿剤、いろいろあって迷うと思いますが、まずは、赤ちゃん専用のものか、低刺激、安全性がしっかり確認されているかを確認してみてください。


赤ちゃんの時から保湿することが、アトピーやアレルギーの予防になるだけじゃなく、赤ちゃんのスキンケアが一生ものの美肌をつくると言われています。


赤ちゃんに合う保湿剤でしっかり保湿して、ピカピカ肌にしてあげてくださいね。



関連記事
赤ちゃんの保湿って必要?いつからいつまで?

子供に増えてる果物アレルギー!アレルギーを起こす果物とは?

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。