健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

シャツの脇が黄ばむのはワキガなの?黄ばみの原因と落とし方

シャツ黄ばみ取り方

白いシャツを着ようと思ったら、脇の部分が黄ばんで着れない。ちゃんと洗濯していたのに。もしかして私ってワキガなのかな…?シャツの黄ばみ=ワキガとは限りません。ワキガじゃなくても黄ばむことがあります。今日は、シャツの黄ばみの原因と、黄ばみの落とし方を紹介します。

スポンサーリンク



ワキガだとなぜ黄ばむの?



脇が黄ばむのはワキガ体質の特徴です。シャツが黄ばんでしまう原因は、アポクリン腺からリポフスチンや、が分泌されるからです。


アポクリン腺からでる汗には、臭いの元になる脂や脂肪酸、たんぱく質など、いろいろな成分が含まれていますが、その中にリポフスチンという色素成分や、鉄分が含まれているために、黄ばみができてしまうのです。


リポフスチンが黄ばみの元で、加えて、鉄は空気に触れると酸化して茶色くなりますよね。それと同じで、汗に混ざっている鉄分シャツに付くと、酸化して黄ばんでしまいます。


リポフスチンの分泌量は、ワキガの臭いの強さと関係があって、臭いが強い人は分泌量も多く、黄ばみが強くなり茶褐色のシミになることもあります。


ワキガの場合、黄ばみの部位が脇毛の範囲に一致して、はっきりと色がつきます。



ワキガではないのにシャツが黄ばむ原因

汗ジミ黄ばみ
ワキガではない場合は黄ばみというより、汗ジミと言われるもので、ワキガの黄ばみに比べると、色はかなり薄く、色がつく部位も境界があいまいです。


ですが、黄ばむほど汗ジミが濃くなることがあります。その原因は、制汗剤、エクリン腺の汗腺機能の低下、脇の精神性発汗によるものです。


制汗剤が合わない



エチケットとして制汗剤を使う人は多いですが、制汗剤が黄ばみの原因になっていることがあります。


どの制汗剤が悪いということではなく、相性みたいなものがあって、人によって黄ばむ制汗剤は異なります。


皮膚の状態や細菌の種類などは人によって違うので、同じ制汗剤でも反応のしかたが違ってくるからです。


そういえば、シャツが黄ばむようになったのは、制汗剤を使うようになってからかも?と思い当たる人は、今使っている制汗剤の使用を1週間ほどやめてみましょう。


これで黄ばみがなくなれば、制汗剤が原因だということになるので、制汗剤を変更した方がいいでしょう。

スポンサーリンク


エクリン腺の汗腺機能の低下



エクリン腺からでる汗は、体温を調節するために出る汗で、血液の中から赤血球や白血球、血小板などを取り除いた血漿からできています。


血漿の中のミネラルや鉄分は再吸収されて、エクリン腺の汗は99%は水なので、黄ばむことはないんですが、汗腺機能が低下していると、ミネラルや鉄などを多く含んだ、ベタベタの汗になり、通常の汗ジミより濃い色になってしまいます。


汗腺機能の低下は、エアコンの効いた部屋にいる時間が長かったり、普段から汗をかくことが少なかったりすると起こります。、



脇の精神性発汗



緊張で脇汗がとまらない、興奮した時にドット汗が噴き出した。こんな経験ありませんか。緊張した時や興奮した時にでる汗を精神性発汗といいます。


精神性発汗の場合は、汗が一気にでるために血漿の成分が含まれやすいので、ミネラルや鉄が混じって汗ジミが強くなります。


黄ばみの落とし方



黄ばみを落とすには、ケイ酸塩入りの洗濯用固形石けんが効果的です。


毎回洗濯機で洗う前に、この洗濯用固形石けんでもみ洗いしてから、いつものように洗濯機で洗うと黄ばみが落ちるので試してみてください。石けんを使うと手があれるので、ゴム手袋をしてくださいね。


ケイ酸塩入りの洗濯用固形石けんは、100円ショップで購入できますよ。私はダイソーの青棒石けんを使っています。


黄ばみがついて長い時間がたっていると、1回洗ったくらいでは落ちない時がありますが、その時は洗濯後、50度くらいのお湯1リットルに、過炭酸ナトリウムを大さじ1杯程溶かした中に、1~2時間浸け置きしておくときれいになります。


過炭酸ナトリウムがなければ、粉末の酸素系漂白剤(ワイドハイター粉末タイプなど)でも大丈夫です。


おわりに



シャツの黄ばみの原因と、黄ばみの落とし方を紹介しました。参考になったでしょうか?


ワキガかどうかが気になる人は、新族にワキガの人がいるかどうか、耳垢が湿っていないかチェックしてみるといいですね。


耳垢が湿っていたり、親や親族にワキガの人がいる場合は、黄ばみの原因がワキガの可能性が高いです。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。