健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

お中元を渡す時期はいつがいい?

お中元渡す時期

百貨店や大手スーパーでは、すでにお中元商戦が始まってますが、お中元っていつ渡すのがいいのか迷いませんか?お中元は、上半期(1月1日~6月30日)のありがとうを伝えるもので、渡す(贈る)時期には一定の期限があります。
今日は、お中元を渡す(贈る)時期や、渡す時のマナーについて紹介します。

スポンサーリンク



お中元を渡す時期



お中元を渡す(贈る)時期は、お盆の時期に合わせて、
関東地方と関西地方で異なります。


関東、東北、北陸地方は6月下旬~7月15日頃まで、
関西、九州、四国、中国、北海道地方は、7月下旬~8月15日頃まで
に贈るのが一般的です。


7月にしても8月にしても、なぜ15日なのかというと、
ちゃんと理由があるんです。


お中元の「中元」というのは、もともとは7月15日の事です。


昔、中国では上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)
は、3人の天神様の誕生日で重要な祭日で、上元、中元、下元には
お供え物をしてお祝いしていました。


日本では、7月15日というとお盆がありますね。
先祖供養を行うお盆には、迎え火や送り火などのいろいろな
儀式がありますが、その中の1つに「盆礼(ぼんれい)」といって、


親や親戚、近所の人々の間で、霊前に供える品物をやりとりする
習慣がありました。


中国のお祭りの風習と日本のお盆の風習が結びついて、
7月15日にお中元をやり取りするようになったのです。


渡す時期が15日過ぎたらどうする?



お中元を渡すのが7月15日(8月15日)を過ぎてしまった場合、
のし書きを変えるのがマナーです。


7月にお中元を渡す地域は、のし書きを「お中元」ではなく、
「暑中御見舞」、立秋(8月8日か9日)を過ぎたら「残暑御見舞」
とするのが一般的です。


8月にお中元を渡す地域は、「残暑御見舞」として渡します。


目上の方へ渡す場合は、「暑中御見舞」「残暑御見舞」ではなく、
「暑中御伺い」「残暑御伺い」として贈りましょう。


残暑見舞いとして渡せるのは、8月いっぱいです。

スポンサーリンク



喪中の場合お中元はどうするの?



お中元はお祝いではなく、感謝の気持ちや「これからもよろしく」
という気持ちを贈るものなので、先方が喪中でも、自分が喪中でも
お中元を渡すのは問題ありません。


ただ、四十九日までは差し控え、忌明け後に贈ったほうがいいです。
忌明けがお中元の時期より遅い場合は、「暑中御伺い」「残暑御伺い」
として贈りましょう。


忌明けはしているけど、先方の喪中にお中元を渡すのは・・・という時は、
時期をずらして「暑中御伺い」「残暑御伺い」として渡すといいと思います。


お中元を今年1回だけ贈ってもいいの?




お中元は感謝と「これからもよろしく」という意味があり、
これからもずっとお付き合いしたいと思う人に、毎年贈り続けるものです。


お世話になったからと言って、1回だけお中元を贈るのは失礼です。
特にお世話になった人に、今年だけでもお中元を渡したい場合は、
のし書きを「御礼」として渡すようにしましょう。



おわりに



お中元を渡す(贈る)時期や、渡す時のマナーについて紹介しました。
参考になったでしょうか?


最近は百貨店や大手スーパーのお中元商戦の影響なのか、
お中元を渡す時期が早くなっているような気がします。


私が住んでいる所は8月盆で、数年前までは8月になると
親戚へお中元を届けて回っていましたが、最近は、
自分で届けることもなくなり、イオンのスーパー早割を利用しています。


一度利用すると便利でお得なんですよね(^^)

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。