健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

七夕そうめんの由来!そうめんを食べる意味は?

七夕そうめん由来

七夕にそうめんを食べるって知ってました?
私は最近まで知らなくて、七夕にそうめんを食べる話を聞いた時、どこかの風習だろうと思っていました。でも、調べてみるとそうめんは昔から、七夕の行事食だったんですね。
でも、なぜそうめんなんだろう?というわけで、今日は、七夕そうめんの由来やそうめんを食べる意味などを調べてみました。

スポンサーリンク



七夕そうめんの由来



七夕そうめんの始まりは平安時代です。

平安時代の宮中の儀式や作法を集めた「延喜式(えんぎしき)」という書物に、旧暦7月7日の七タの儀式に、そうめんの原型といわれる「索餅(さくべい)」を、供え物にしたと書かれているそうです。


なぜ索餅を供えたかというと、中国には七夕に索餅を食べると、1年間無病息災で過ごせるという伝説があり、それに倣って(ならって)、索餅がお供えされたと言われています。


索餅(さくべい)というのは、奈良時代に中国から伝わったもので、小麦粉と米の粉を練って、縄のように細長くねじって油で揚げたお菓子です。


長崎に今も伝わる麻花兒(マファール)という郷土菓子があるんですが、索餅はこれによく似たお菓子だと言われています。



やがて索餅はそうめんへと変化し、七夕にそうめんを食べるようになったそうです。


七夕にそうめんを食べる意味は?

七夕そうめん意味 七タは、天の川(あまのがわ)に隔てられた彦星(ひこぼし)と織姫(おりひめ)が、年に一度だけ7月7日の夜に会うという、中国の伝説にちなんだお祭りです。


そんな七夕にそうめんを食べる意味は、いくつかの説があります。


1,そうめんを天の川に見立てたという説

2,そうめんを糸に見立て、機織り上手の織姫のように、手芸や裁縫がうまくなるように願って食べたという説。

3,小麦は毒を消すという言い伝えがあり、健康を願って食べたという説。

4,年に一度の彦星と織姫のデートにあやかって、恋の成就を願って食べたという説。

5,小麦の収穫を神に報告するためという説。

まだまだ違った意味があるのかも知れません。

スポンサーリンク



色がついたそうめんには意味があるの?



色がついたそうめんがありますね。白いそうめんの中に数本入っていたり、全部色がついていたり。


色がついているそうめんは、七夕飾りの五色の短冊と同じように、陰陽五行説の五色(ごしき)に由来したもので、厄除けの意味が込められています。


五色は「青・赤・黄・白・黒」ですが、黒いそうめんはないと思います。あったとしても美味しそうには見えないから、残ってしまうかも。


五色そうめんが誕生したのは、寛永十二年(1635年)四国松山です。この頃の七夕のお供えは、五色そうめんだったかもしれませんね。


おわりに



七夕そうめんの由来やそうめんを食べる意味などを紹介しました。参考になったでしょうか?


夏場はよく食べるそうめんが、七夕の行事食だったとは知りませんでした。でも、暑さで食欲が落ちる時期に、そうめんはぴったりですよね。


私は夏に食欲が落ちることはないけど、そうめんは大好きなので、今年は健康を願って、七夕に色付きそうめんを食べようかと思います。


あなたは何を願いますか?

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。