健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

ストレートパーマと縮毛矯正の違い!くせ毛を治すにはどっちがいいの?

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

くせ毛を治したい!ストレートパーマと縮毛矯正って、どっちがいいのかな?そもそもストレートパーマと縮毛矯正の違いってなんだろう?
湿気が多いと髪がうねうね、アホ毛はたつし外ハネするし、なんとかしたいですよね。
ストレートパーマも縮毛矯正は、どちらも髪を真っ直ぐにする方法ですが、自分はどっちがいいのか、迷いますよね。そこで今日は、ストレートパーマと縮毛矯正の持続期間、料金などの違いを紹介します。

スポンサーリンク



ストレートパーマと縮毛矯正の違い



髪をカールしたい時パーマをかけますよね。ストレートパーマはその逆バージョンで、

カールした髪を伸ばすパーマです。

ストレートパーマは、元々直毛(ストレート)だった人が、元に戻したいなという時に、

薬剤を使って、元の髪(直毛)に戻すために行うもので、くせ毛を治す効果はありません。

一時的に髪をストレートにすることはできますが、時間が経つとパーマの効果がなくなり、

くせ毛に戻ってしまいます。

縮毛矯正は、薬剤に加えて高熱のアイロンを使い、髪質自体を矯正して縮れた髪を伸ばします。

ねじれた髪の毛を真っ直ぐにするので、伸ばした部分の髪は元にはもどりません。

半永久的にストレートになります。

くせ毛をストレートにしたい場合は、縮毛矯正のほうが向いています。

縮毛矯正は専用の薬剤を髪に塗り、ヘアアイロンなどを使って、ゆっくりと髪を伸ばしていく方法と、

アイロンを使わず、特殊な薬剤とトリートメント剤を塗り、スチーマーで蒸した後、

ドライヤーで髪を伸ばすようにブローする方法があります。


ストレートパーマ・縮毛矯正の持続期間はどれくらい?

ストパーと縮毛矯正

縮毛矯正でストレートになった髪は、半永久的にストレートのままですが、縮毛矯正の後に

伸びる根元の髪はくせ毛なので、綺麗なストレートを保つには、定期的な矯正が必要です。

どれくらいの頻度で矯正が必要かは、くせの強さや髪の量、長さなどの個人差がありますが、

だいたい3~6ケ月くらいが目安です。


ストレートパーマは、元々はストレートだった人が、パーマを落とすためにかけたのなら、

ずっとストレートのままですが、くせ毛をストレートにした場合は、長くて1~2ヶ月くらいが目安です。

強いくせ毛や髪が傷んでいると、1ヶ月持たずに元のくせ毛に戻ることもあるようです。

スポンサーリンク



料金はどれくらい?



ストレートパーマ、縮毛矯正ともに、料金はお店によってさまざまで、はっきりいくらとは言えませんが、

平均的な相場は、縮毛矯正が、カット料金込で12,000円~20,000円くらい。ストレートパーマは、5,000円~10,000円くらいです。

縮毛矯正のほうが手間がかかる分、料金が多少高くなります。相場に開きがあるのは、薬剤や技術料の違いです。

ストパも縮毛矯正も髪の傷みは避けられません。特に縮毛矯正は高熱を加えるので、ストパーよりも傷みは大きいです。

そのため、髪の状態にあった薬剤を選んだり、高度な技術が必要だったりすると、料金に反映されるからです。

相場よりあまりに安いお店は、薬剤が質の悪い安価なものだったり、技術者があまり慣れていない場合があり、

髪の傷みが激しくなったり、すぐに元に戻ったりすることがあるので、あまりオススメできません。

ストパー・縮毛矯正の料金から美容院が探せる&クーポンでお得!
【ホットペッパービューティー】人気のヘアサロン検索


おわりに



ストレートパーマと縮毛矯正の持続期間、料金などの違いについて紹介しました。参考になったでしょうか?

髪質って変わりますね。若いころはパーマをかけてもすぐに元にもどる直毛だったのに、

職業柄いつも髪をしばってアップにしていたら、いつのまにか変なくせがついてしまい、

髪をおろすとうねりがでるようになりました。

切っちゃえば大丈夫かなと思って、髪を短くしたら変なところがピンピンはねたり、膨らんだり。

一度くせがついてしまうと治らないもんなんですね。


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。