健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

日焼け止めで肌が乾燥するのはなぜ?どうすればいい?

日焼け止め肌の乾燥

日焼け止めを塗ると、肌が乾燥するのはなぜかな?日焼け止めが合わないってことかな。
肌が乾燥しない日焼け止めってあるのかな?
紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めですが、日焼け止めで肌が乾燥する、肌荒れするという人は多いですよね。
今日は、なぜ日焼け止めで肌が乾燥するのかや、乾燥を防ぐにはどうしたらいいかを紹介します。

スポンサーリンク



日焼け止めで肌が乾燥する原因は?



日焼け止めで肌が乾燥する原因で、一番考えられるのは、紫外線をカットする成分によるものです。

日焼け止めには、紫外線吸収剤、紫外線散乱剤という、紫外線をカットする上で、

欠く事のできない成分が入っています。

紫外線吸収剤は、肌の表面で吸収した紫外線を、化学反応で熱に変えて放出することで、日焼けを防ぎます。

熱に変換するといっても、肌が熱く感じるほど温度が高くなるわけではないですが、この熱で

徐々に肌の水分が奪われたり、刺激が強くて肌の角質層を傷つけ、肌の保水力が低下するため

肌が乾燥します。

紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を跳ね返すことで、紫外線を防ぎますが、散乱剤が

皮脂を吸い取るため、乾燥しやすいと言われています。

でも、日焼け止めを使っても、肌が乾燥しない人もいますよね。

その違いはなにかというと、日焼け止めを使う前の、お肌の状態です。


もともと肌が乾燥していませんか?



日焼け止めで肌が乾燥するのは、紫外線カット成分のためだけではありません。もともと

肌が乾燥している
ことも、原因の一つです。

もともと乾燥しているというのは、肌の表面は皮脂でテカテカなのに、肌の水分量が少なく、

肌の内側が乾いている(インナードライ)の状態ということです。

皮脂が多いのは、肌の水分量が少ないために、水分の蒸発を防ごうと、肌がせっせと皮脂を

分泌しているからなんです。もともと肌が乾燥しているところに、紫外線カット成分の影響が

加わって、肌の乾燥を強く感じることもあるわけです。

スポンサーリンク



紫外線吸収剤と紫外線散乱剤どっちがいいの?


日焼け止めを選ぶとき、

日焼けをしっかり防ぎたい場合は、紫外線吸収剤配合のものを、肌への負担を軽くしたいなら

紫外線散乱剤配合のものがよいとされています。

紫外線吸収剤は肌への刺激が強くて、良くないイメージがありますが、最近は、

紫外線吸収剤の刺激を防ぐために、紫外線吸収剤をコーティングしたものや、セラミドを配合

したもの、ホワイティシモのように、肌荒れや乾燥を防ぐために、美容液と同じくらいの

保湿成分を配合した日焼け止めなどもでているので、紫外線吸収剤の日焼け止めが良くない

とは、一概には言えません。

それぞれのメリット、デメリットを知って、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の、メリットやデメリットについて、簡単にまとめてみました。


紫外線吸収剤・紫外線散乱剤のメリット・デメリット



紫外線吸収剤は、紫外線を防ぐ力が強く、なめらかで使い心地がよいのが特徴ですが、時間が

たつと紫外線を防ぐ力が弱くなるので、こまめに塗り直す必要があります。

SPF50の日焼け止めには必ず配合されています。

紫外線散乱剤は、肌への負担が少なく、効果が長持ちします。UV-AとUV-B両方を防げる

という特徴もありますが、白浮きしやすかったり、ベタベタして使い心地が悪いという

デメリットがあります。


日焼け止めの乾燥を防ぐには?

日焼け止め乾燥予防

日焼け止めの乾燥を防ぐには、しっかり保湿すること!

日焼け止めを塗る前は、化粧水だけじゃなく乳液も使った方が、保湿効果があがります。

また、日焼け止めに乳液を加えて使うのも、乾燥予防になります。

あまりに乾燥がひどい時は、紫外線吸収剤・紫外線散乱剤以外の成分、防腐剤や、人工香料、

人工着色料、アルコールなどが、乾燥の原因になっていることもあるので、日焼け止めを

変えてみるのも一つの方法です。


おわりに



なぜ日焼け止めで肌が乾燥するのかや、乾燥を防ぐにはどうしたらいいかを紹介しました。

参考になったでしょうか?

私は1年中日焼け止めを使っているので、最近テレビのCMでも流れている、美容液配合の

日焼け止めが、気になっているんですが、少々お高いんですよね(-“-)


関連記事
日焼け止めの使用期限はどれくらい?

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。