健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

日焼け止めの使用期限はどれくらい?去年の残りは使える?

日焼け止めの使用期限

日焼け止めの使用期限って、どれくらいなんだろう?
去年使ったのが残っているけど、使えるのかな?効果とか落ちているのかな?
紫外線対策に欠かせない日焼け止め。私は1年中使っているので、残ることはないですが、
使うのは夏場だけという場合、残ってしまうことがありますよね。
今日は、日焼け止めの使用期限(開封・未開封)や、なぜ使用期限があるのかなどを紹介します。

スポンサーリンク



日焼け止めの使用期限はどれくらい?



日焼け止めは乳液やクリームなどに、紫外線防止剤を配合した化粧品です。

紫外線防止剤の効果は変わりませんが、元になっている乳液やクリームは、時間とともに劣化

していくので、使用期限が決まっています。

一般的な日焼け止めの使用期限は、未開封で約3年、開封したものは約1年、(スプレータイプは開封後3年

無添加化粧品の日焼け止めは、未開封で約1年、開封後は約6ヶ月が目安です。


なぜ使用期限が決まっているの?



日焼け止めは、一度開封すると、空気が入り込んで酸化が進み、劣化して品質が悪く

なったり、指についた雑菌が付着して、日焼け止めの中で繁殖していることがあります。

例えば、日焼け止めに入っている保湿剤が劣化すると、保湿の役割をしなくなり、肌が乾燥
してしまいます。

これを防ぐために、一般的な日焼け止めには防腐剤が入っていますが、無添加の日焼け止めは

防腐剤が入っていないので、その分使用期限が短くなります。

スプレータイプの使用期限が長いのは、密閉度が高いことや、直接手を触れることがないからです。

酸化が進んで劣化していたり、雑菌が繁殖した日焼け止めが、肌に良いはずないですよね。

使用期限が過ぎた日焼け止めを使うと、肌荒れしたり、雑菌が毛穴に入って炎症を引き起こし

たりといった、肌トラブルの原因になってしまいます。

特に乳液やクリームなど、油分が含まれるものは、酸化しやすいので、できれば半年を目安に

使い切ったほうがいいとも言われています。

スポンサーリンク


未開封でも劣化することがある



開封していない日焼け止めも、温度の高い場所や、直射日光が当たる場所に放置していると、

劣化してしまうことがあります。日焼け止めの保管は、開封、未開封に関係なく、直射日光の

当たりにくい、涼しい場所で保管しましょう。


冷蔵庫で保管すれば長持ちする?

日焼け止めの保管冷蔵庫
無添加化粧品の日焼け止めは、冷蔵庫での保管を推奨することもありますが、

一般的な日焼け止めを冷蔵庫で保管しても、使用期限が伸びることはありません。

一般的な日焼け止めは、常温保存を前提に作られています。冷蔵庫で保管すると、

使用期限が伸びるどころか、出し入れした時の温度変化が激しいので、日焼け止めの

品質が低下して、使いごごちが悪くなったり、肌に刺激となったりする可能性があります。

日焼け止めを保管は、使った後は容器の口もとを拭き取って、しっかりフタを閉め、常温で

直射日光の当たりにくい、涼しい場所に保管しましょう。


おわりに



日焼け止めの使用期限(開封・未開封)は、どれくらいなのか紹介しました。参考になったでしょうか?

使用期限はわかったけど、去年の日焼け止めが半分以上も残っていると、絶対使えないのかな

なんて思ってしまいますよね。脅かすわけじゃないんですが、私の友人が使用期限がすぎた

日焼け止めを使って、顔がかぶれてしまい、皮膚科に通ったことがあります。

使用期限が切れていても、問題なく使えることもあるんでしょうが、私はちょっと怖いなと
思います。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。