健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

こいのぼりの吹流しって意味があるの?なぜ5色なの?

こいのぼりの吹流し

こいのぼりの一番上でヒラヒラしている吹き流しって、何のためにあるんだろう?

こいのぼりに必ずついている吹き流し、全体に5色の色がついたカラフルな物と、白と黒が目立つ物がありますよね。

吹き流しにはどんな意味があるんでしょうね。色に決まりがあるんでしょうか?

今日は、こいのぼりの吹き流しの色や飾る意味、こいのぼりの意味や由来を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


こいのぼりの吹き流しにはどんな意味があるの?


こいのぼりの吹き流しは、青・赤・黄・白・黒(青の代用に緑、黒の代用に紫を使うこともある)とカラフルで目立ちますよね。


吹き流しはこの5つの色に意味があって、子供の成長に災いをもたらす魔が近ずかないようにという魔よけになっているんです。


5つの色は五色(ごしき)と言って、「万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなる」という、


中国の「五行説」(ごぎょうせつ)に由来した色で、五色には邪気を払う力があると信じられていました。


青=「木」・赤=「火」・黄色=「土」・白=「金」・黒=「水」を表しています。


端午の節句に食べる粽(ちまき)も、邪気を祓うために五色の糸で巻いたのが始まりです。

ちまきや柏餅を食べる意味・由来


ちまきに結んでいた赤・青・黄・白・黒の五色の糸が、今ではこいのぼりの吹流しになっている訳です。


吹流しだけじゃなくて、よく見ると鯉の色も黒=お父さん、赤=お母さん、青や緑=子供たちになっていますよね。


また、青・赤・黄色・白・黒の五色は方位も表していて、黄色を中央(皇位)として、四神がそれぞれの方位を守っているという神話もあるくらいです。


五色は厄除けの最強のお守りだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク


こいのぼりの意味


こいのぼりには子供が健康に育ち、生きていくうえで遭遇するいろいろな難関を乗り越え、将来は大きく出世して欲しいという願いと、


「わが家に男の子が生まれました。どうぞお守りください。」と天の神様に伝え、守ってもらうという意味があると伝えられています。


江戸時代は子供が10歳になるまでに、4割近くが亡くなってしまったと言いますから、無事に育ってほしいと思う気持ちは切実な願いだったと思います。


こいのぼりの由来


こいのぼりの始まりは江戸時代、町民のアイデアで生れたと言われています。


江戸時代、武家では男の子が生まれると、玄関先に家紋のついた幟(のぼり)や馬印(うまじるし)を立てて祝う習慣がありました。


馬印というのは戦場で,敵味方の識別や自分の存在を誇示する目印の旗です。


この習慣は庶民にも広がりましたが、武士でない者が家紋や馬印を立てることはできません。


そこで考えられたのが、中国に古くから伝わる登竜門の伝説になぞらえ、 鯉の絵を描いた絵のぼりです。


最初は紙や布に鯉の絵を描いたものでしたが、町人のアイデアによって「鯉の滝のぼり」という当時の定番図柄を、


立体におこし絵のぼりの付属品にしたのが、現在のこいのぼりの始まりだと言われています。

スポンサーリンク



登竜門の伝説とは?


中国の黄河上流に竜門という激流が連なる滝があり、そこを登り切った魚は霊力が宿って竜になる、といわれていました。


ある時1匹の鯉が激流に逆らいながら竜門を登りきり、竜へと変身して天に昇っていったという伝説があります。


登竜門という言葉は、昔、中国の官僚に李膺(りよう)という実力者がいて、「李膺に才能を認められると、出世が約束されたようなものだ」と言われたそうです。


その認められた人を、竜門に登った鯉に例えたところからきた言葉だそうです。


おわりに


こいのぼりの吹き流しの色や飾る意味、こいのぼりの由来、こいのぼりを揚げる意味を紹介しました。参考になったでしょうか?


こいのぼりが青空の下で泳いでいるのは、見ていて気持ちが良いですね。


神様に子供を守ってくださいと祈る心と、元気にたくましく育ってくれと願う心は、昔も今も変わることのない親心だから、


こいのぼりの風習も受け継がれてきたし、これからも続いて行くんでしょうね。



<端午の節句 関連記事>

ちまきや柏餅を食べる意味・由来

こいのぼりの歌の意味!甍の波とは?





[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。