健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

要支援1デイサービスは月に何回行ける?限度額はいくら?

要介護認定を受けたら要支援1だったけど、要支援1ってデイサービスは月に何回行けるんだろう?希望すれば何回でもいけるのかな?利用料金は1割負担でいいのかな?

介護保険をはじめて利用する時って、とまどうことが多いですよね。

そこで今日は、要支援1の限度額や、デイサービスに行ける回数や料金、受けられるサービスについて紹介します。

スポンサーリンク


要支援1ってどんな状態?

要支援1デイサービスに何回行ける
要支援1とは、要介護と比べると元気な人で、食事をしたり、着替えたり、トイレに行って

排泄したりと、自分のことはほとんど自分でできるけど、立ち上がる時などに、ちょっと

支えが必要な時があったり、掃除や洗濯、買い物に行くなど、身の回りの世話の一部に

手助けが必要な状態です。

介護保険を利用するには、どれくらいの介護が必要か(介護度)の認定を受けておく必要が

ありますが、介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介護1~5に分類されます。



デイサービスは何回行ける?要支援1の限度額は?



デイサービスは月に何回行けるかですが、お世話になっているケアマネさんに聞いたところ、

介護保険が使えるのは、要支援1は週に1回、要支援2は週に2回と決まっていて、

それ以上行く場合は、全額自己負担になるそうです。

デイサービスの食事代は介護保険が使えないので実費になります。食事の料金は施設によって違います。


介護保険の支給限度額は、認定された介護度によって変わってきますが、要支援1の限度額は、50,030円です。


限度額内なら、受けるサービス料金の1割負担(一定以上の所得がある人は2割負担)で利用できます。

50,030円を超えると、超えた分は全額自己負担になります。

スポンサーリンク



要支援1はどんなサービスが受けられる?



要支援1だと訪問介護(ホームヘルプサービス)やデイサービス、デイケアを利用することが

多いと思いますが、他にも利用できるサービスがいろいろあります。

要支援で受けられるサービスは、訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、

デイサービスやデイケア、施設に短期間入所するショートステイの他に、居宅療養管理指導、

介護予防福祉用具の販売、住宅改修費の支給などがあります。

難しそうなサービスについて簡単に説明しますね。


居宅療養管理指導とは、

医師、歯科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士などが家庭を訪問して、

療養上の管理や指導、助言等を行うサービスです。


介護予防福祉用具の販売とは、

ポータブルトイレやシャワーチェアーなど、日常生活を楽にするための福祉用具などを

販売するサービスで、年間10万円までの購入に対して、9割が支給されます。


住宅改修費の支給とは、

手すりの設置や段差解消などの住宅改修工事について、事前に申請すると20万円までの

工事費の9割が支給されます。

介護予防福祉用具の販売は毎年利用できますが、住宅改修費の支給は1回だけです。


おわりに



要支援1の限度額や、デイサービスに行ける回数や料金、受けられるサービスについて紹介しました。参考になったでしょうか?


介護保険って実際に利用してみないと、わかりずらいですよね。

私も最初はよくわからず、介護度が高くなって限度額が増えたと喜んでいたら、その分

サービスの利用単価が上がって、結局は負担額が増えていました(T_T)

でも、住宅改修費の支給で手すりをつけたし、ポータブルトイレやシャワーチェアーも

1割負担で購入できました。本当にありがたいサービスです。



デイケアとデイサービスの違い!料金が安いのは?利用時間は?

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。