健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

鏡餅を飾る場所!どこがいい?飾っちゃいけない場所がある?

鏡餅飾る場所

鏡餅ってどこに飾るのがいいんだろう?飾る場所や飾ってはいけない場所って決まっているのかな?

鏡餅は福を運んでくれる年神様(としがみさま)が宿られます。神様を迎える場所や、飾り方って迷いますよね。

今日は、鏡餅を飾る場所、飾ってはいけないと言われる場所、鏡餅の正しい飾り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


鏡餅を飾る場所はどこがいい?


家の中には、いろんな場所に神様がいらして、守られていると言います。


鏡餅はその神様へのお供え物として、神様が宿る場所に飾るものですが、いろいろな解釈や風習によって、


住んでいる地域によっては、飾る場所に多少の違いがあります。


鏡餅を飾る場所としては、床の間(床の間がなけれは、リビングやダイニングなど人が集まる場所)


玄関・台所・仏壇・神棚というのが一般的です。


そんなに鏡餅を準備していない場合、年神様にお越しいただくメインの場所として、絶対に飾る場所は床の間です!


床の間はお客様をもてなす最上の部屋です。一番大きな鏡餅を飾りましょう。


鏡餅の意味やいつから飾るかはこちらの記事をどうぞ。
鏡餅を飾るのはいつからいつまで?下げたお餅はどうするの?


鏡餅を飾ってはいけない場所があるの?


玄関に鏡餅を飾るのは一般的な風習だと言いましたが、地域によっては玄関、お風呂場、トイレに飾ってはいけないという風習があります。


玄関は、家の下座(しもざ)になり、不浄な場所なので神様が宿る場所としてふさわしくない、お風呂場やトイレも不浄の場と考える風習があるからです。


ですが、あえて不浄の場に飾ることで、年神様が宿られて清められると考える人もいるわけで、お風呂やトイレに鏡餅を飾る地域もあります。


考え方によっては、鏡餅を飾ってはいけない場所はないとも言えますが、長い間の風習やしきたりには逆らわないほうがいいので、


あなたが住んでいる所に、不浄の場所には飾らないという風習があれば、玄関やトイレ、お風呂に飾るのはやめておきましょう。


我が家はトイレやお風呂に飾ったことはありませんが、毎年、床の間と玄関、仏壇、台所には必ず飾っています。

スポンサーリンク



鏡餅の正しい飾り方


鏡餅の飾り方は、時代の流れによって変化したり、地域や家庭によっても違いますが、一般的な飾り方を紹介します。


一般的な飾り方


鏡餅の飾り方

1、三方(さんぽう)に、四方紅(しほうべに)という四方が紅く彩られた
和紙を敷きます。三方や四方紅がなければ、半紙の上に飾っても大丈夫です。


2、四方紅の上に裏白(うらじろ)と御幣(ごへい)を重ねて敷き、その上に
お餅を置きます。お餅の上には橙(だいだい)を置きます。


ゆずり葉を飾る場合は、小さいものなら橙の下、大きいものなら、
おもちの周り(三方の上)に飾ります。


我が家は長年、白い半紙の上に直接お餅を飾っていたんですが、パック入りの
鏡餅を買うようになって、三方や四方紅で飾るようになりました。


パック入りの鏡餅って全部そろっていて便利ですね(*^_^*)家庭によっては
縁起物の、串柿、搗栗(かちぐり)、海老、昆布などを飾るところもあります。


おわりに


鏡餅を飾る場所や飾り方、飾ってはいけない場所について紹介しました。参考になったでしょうか?


最近は鏡餅を飾らないとか、1か所だけという家庭もあるようですね。


私は鏡餅がないと寂しいかな、鏡餅を飾るとお正月がくるんだという気持ちになります。新しい年がいい年になるように、


今年も鏡餅を飾って年神様をお迎えします。


ところで、初詣にはいつ行きますか?
初詣はいつまでに行けばいい?松の内過ぎたら意味がない?

正月飾りの鏡餅!いつ飾る?いつまで飾る?喪中はどうする?

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。