健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

初詣はいつまでに行けばいい?松の内すぎたら意味がない?

初詣いつまでに行けばいい?

初詣っていつまでに行けばいいんだろう?初詣にいい時間ってあるのかな?

初詣って3日を過ぎると、意味がないのかな~て気持ちになりませんか?いつまでに行くものなんでしょうね。

今日は初詣について、初詣の意味や由来、いつまでに行けばいいのか、初詣の参拝のしかたを紹介したいと思います。

初詣の由来と意味

初詣は、昔、大晦日の夜から元旦の朝にかけて、家の当主が氏神様を祀った(まつった)神社に籠もり、

豊作や家内安全を祈願した「年籠り(としごもり)」という風習が元になっています。

時代が変わるとともに年籠りは、恵方詣り(えほうまいり)と言って、一年間の運気を得られる方位にある神社へ参拝するようになりました。

恵方巻きで知られる恵方とは、歳徳神(としとくじんo・としとくかみ)と呼ばれる福徳の神様が居る方角です。

恵方は年によって方向が違うので、恵方詣りは毎年違う神社へお詣りしていたんですね。

初詣と言われるようになったのは明治になってからで、この頃からお詣りのスタイルが現在の形に変わったと言われています。

年籠りや恵方詣りは、豊作と家内安全を願うものでしたが、今は神様に昨年を無事に過ごせたことの感謝を伝え、新しい年のお願いする行事になっています。

初詣はいつまでに行けばいいの?

昔は元旦に行くのが初詣でしたが、今は、松の内に行くのが目安です。

松の内というのは、正月飾りを飾っておく期間で、年神様が各家庭にいらっしゃる期間です。

関東地方は1月7日まで

関西地方は1月15日まで

関東と関西で松の内の日が違うのは、ちょっとおかしな感じがしますよね。松の内の日が違う理由にはこんな説があるんです。

昔は元日から15日までを松の内と呼んでいたそうですが、江戸時代に幕府から「7日を以て飾り納めをする」という通達がありました。

この通達を受けて関東地方は松の内が7日になりましたが、関西地方には通達が届かなかったんだそうです。

そのため、関西地方は今でも松の内は15日までと考えられているんだとか。

松の内に初詣に行けなかった時は、遅くても節分までにはお詣りしましょう。神社やお寺は2月になると節分祭が行われ、季節が春に変わってしまいます。

初詣の時間って決まっているの?

初詣の時間は特に決まりはありませんが、

昔から、大みそかの夜は歳神様の訪れを家で待ち、元旦に神様と一緒に雑煮を食べた後、初詣に行くというのが習慣だったようです。

除夜の鐘が鳴ると同時にお詣りする人の姿を、テレビの中継などで見ることがありますが、大みそかの深夜から年明けにかけて参拝するのは、

二年参りといって、大晦日のうちに一度お詣りをして、そのまま神社で年を越してもう一度お詣りをすることで、より功徳が積めると言われています。

初詣の参拝のしかた

初詣の参拝のしかたは、このやり方しかダメということはないそうですが、参考までに参拝の仕方を紹介します。

①鳥居をくぐる際には、軽く一礼します。

②参道の脇にある手水舎(てみずや)という場所で、身を清めます。

③一礼をして、鈴があれば強く鳴らして、神様に自分が来たことを知らせます。

④お賽銭を入れて、 神前に向かって、二回深くおじぎをして、柏手(かしわで)を2回打ちます。

⑤再び深くおじぎをします。

初詣で古いお札やお守りを返納する場合は、参拝の前に返納して、参拝後に新しいお札を受けます。

おわりに

初詣について、初詣の意味や由来、初詣はいつまでに行けばいいのか、初詣の参拝のしかたを紹介しました。参考になったでしょうか?

ところで、初詣のあとはまっすぐ家に帰ってますか?初詣が終わったら寄り道せずに、

神様にいただいたパワーを家に持ち帰ったほうがいいそうですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。