赤ちゃん保湿

健康・医療

赤ちゃんの保湿って必要?いつからいつまで?

赤ちゃんに保湿って必要なのかな?保湿剤を使ったら肌を甘やかして、ずっと保湿が必要な子になるじゃないかな?みずみずしくて、もちもちの赤ちゃんの肌をみていると、そう思ってしまいますよね。

これまで生後2ヶ月までは保湿は必要ない!という考え方が一般的でしたが、最近は、赤ちゃんの肌に対する考え方が変わってきています。

今日は、赤ちゃんの保湿が必要なワケや、保湿はいつからいつまで必要かなどを紹介します。

赤ちゃんに保湿ケアが必要なワケ

赤ちゃんの肌はみずみずしく見えるけど、実は乾燥している!

最近の研究で明らかになりました。

もちもちプルプルの赤ちゃんの肌は、ママから見ると「理想的なお肌」かも知れませんが、大人の肌より薄く、ママが思っているよりとてもデリケート。

赤ちゃんの肌の厚さは大人の約半分しかありません。

皮膚が薄いため、水分をキープする角質層も薄く、乾燥しやすいという特徴があるんです。
1年を通して赤ちゃんの肌の水分量は少なく、湿度が高い夏でも大人の半分以下しかありません。

それに、外部からの異物の侵入や水分の蒸散を防ぐ、バリアとなる表皮も、大人の約半分しかないので、ばい菌やホコリ、花粉、化学物質などから肌を守るバリア機能も十分に働かず、刺激に弱いのです。

大人の表皮は0.2mm、これはラップ1枚ほどの厚さです。ラップの半分の厚さってちょっと想像できないですよね。

それほど赤ちゃんの肌は薄くてデリケートだから、しっかり保湿してあげる必要があるんです。

保湿でアレルギーの発症を抑える

アレルギーの原因物質は、皮膚からも体内に侵入する!

これも最近の研究でわかりました。

大人でも肌が乾燥すると外部からの異物の進入を防ぐ、皮膚のバリア機能が低下してしまいアレルギーを起こしやすくなります。

赤ちゃんの肌はもともとバリア機能が未熟なので、食べかすやハウスダスト、花粉などがついてしまうと、体内に入ってアトピーやいろいろなアレルギーを起こしてしまいます。

世界一受けたい授業でもやっていましたが、赤ちゃんの時に両親ができるアレルギーの発症を抑える対策は保湿することです。

保湿はいつからいつまで必要なの?

赤ちゃん保湿いつから

赤ちゃんの保湿ケアは生まれてすぐから、3才頃まで続けます。

赤ちゃんの肌は、ママのお腹の中ではばい菌や紫外線、乾燥など、あらゆる刺激から守られていますが、生まれたとたん、いろいろな刺激にさらされ、肌トラブルが起こりやすくなります。

3才までと言うのは、肌のバリア機能が整うのが3才頃だからです。

3才までに肌トラブルを繰り返さないことはとても大事で、3才頃まで肌トラブルを繰り返さなければ、その後もトラブルが起こりにくい健康な肌になります。

だから、生まれてすぐから、肌が成長する「3才まで」は毎日保湿してあげることが、とっても大切なんです。

おわりに

赤ちゃんの保湿が必要なワケや、保湿はいつからいつまで必要かなどを紹介しました。参考になったでしょうか?

保湿のことだけを紹介しましたが、もちろん保湿の前に肌を清潔にすることも大切です。汗やよだれなどの汚れをきちんと落として、保湿して潤いを補う。

シンプルなこのスキンケアを毎日続けていくことが、トラブルのないもちもちの肌を守る事になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 厄年 贈り物
  2. 正月に飾る花
  3. 年賀状賀詞の意味
  4. 謹賀新年・迎春目上の年賀状
  5. 鏡餅いつから飾る

人気記事

  1. 擦り傷を早く治す方法!かさぶたにならない治しかた
  2. しめ飾りの処分の仕方!しめ飾りを外すのはいつ?
  3. お正月に飾りたい縁起のいい花
  4. 蝋梅の種類と花言葉
  5. 降水量1mmってどのくらい降るの?傘は必要?
  1. いぼ痔の手術費用

    健康・医療

    いぼ痔の手術!費用はどれくらい?健康保険は使える?
  2. 初詣はいつまで

    年末年始・正月

    初詣はいつまでに行けばいいの?時間に決まりがある?
  3. 家族葬マナー

    お通夜・お葬式

    家族葬のマナー!香典は渡すの?会葬や弔問はどうするの?
  4. 五黄の寅とはどんな意味女性は良くない?

    暮らし

    五黄の寅とはどんな意味?女性は良くないの?
  5. 招き猫 右手上げ意味

    暮らし

    招き猫 右手上げと左手上げ!意味が違う?どっちがいいの?
PAGE TOP