健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症!頭痛や吐き気がするのは何故?早く治す方法は?

熱中症!頭痛や吐き気がするのは何故?早く治す方法は?

気温が高くなってくると注意しなければいけない熱中症。自分で熱中症かな?と思う症状に頭痛や吐き気があります。

熱中症になると、なぜ頭痛や吐き気がするんでしょう?頭痛や吐き気を早く治すにはどう対処したらいいんでしょう?

今日は、熱中症の頭痛や吐き気が起こる原因と対処法について紹介します。

スポンサーリンク



熱中症とは丨体の中で何が起きてる?



熱中症とは、暑い環境に長くいることで、体温を調節する機能が乱れて、熱を放出ができなくなり、体の中に熱がこもってしまった状態です。


私達の体温は36 ~ 37℃に保たれるように調節する機能があります。普段は、運動をしたり、気温が上がって体温が高くなると、自然にこの体温調節機能が働いて


熱を下げようと皮膚の下にある血管を開き、流れている血液の量を増やして、熱を逃げやすくしたり、汗を出したりして体温が一定になるように調節してるんですが、


熱中症になると体温調節機能が働かず、体の中の熱を外に出すことができなくなります。
体に熱がこもって体温が異常に上がった状態が続くと、命を落とす危険があります。

スポンサーリンク




熱中症で頭痛や吐き気が起こるのはなぜ?



熱中症は軽い症状から命にかかわる重症なものまで、いくつかの症状がみられますが、頭痛がしたり吐き気がするのは、体にこもった熱を逃がそうと、大量に汗がでて、脱水状態になることで起こります。


脱水になると血液(血漿)の量が減り脳の血流が少なくなります。脳は血流を増やそうと血管が拡がるため拍動に合わせて周囲の神経に刺激が伝わり脈を打つような頭痛が起こります。


脱水状態を放っておくと、脳内の温度が上昇して脳の機能に異常が起こり、体が痙攣(けいれん)したり、意識がなくなったり、命を落とすこともある重篤な状態になってしまいます。


熱中症で頭痛や吐き気が起きたら要注意です。すぐに体を冷やして熱を逃がさなければいけません。



頭痛や吐き気を早く治すには

熱中症!頭痛や吐き気を早く治すには

熱中症で頭痛や吐き気がする時は体を冷やすことが重要です。風通しのよい日陰やエアコンのきいた室内に移動してすぐに水分を補給しましょう。


水分を補給する時は、1リットルの水に、1g~2gの塩(ひとつまみ)をいれた塩水か、スポーツドリンクがいいですが、なければ水でもかまいません。まずは体に水を入れることが大切です。


衣類の襟元はゆるめたり、脱いだりして、うちわや扇風機で体に風をあてたり、霧吹きで皮膚の表面に水をかけたり、氷や氷嚢でからだを冷やすといいです。


氷で体を冷やす時は、首筋やわきの下、足の付け根など大きな血管(動脈)が通っている部分を冷やすと効果的です。


涼しいところでしばらく安静にして頭痛や吐き気がおさまればそのまま様子をみていいですが、安静にしていても症状が変わらない場合は病院へ行きましょう。


おわりに



熱中症の頭痛や吐き気が起こる原因や、対処法について紹介しました。参考になったでしょうか?


熱中症恐いですね。私が看護師をしている時、熱中症で救急搬送されてくる方を何人もみ
ました。意識のある人、意識のない人。工事現場など外で仕事をしている方が多かったです。


点滴で水分を補給しながら、霧吹きで体に水をかけ、大きな血管がある部位を氷で冷やしとにかく熱を逃がすことをしていました。


今は家の中にいても熱中症になることがあるので、特に赤ちゃんや小さい子供さん、高齢の方がいる家庭は気をつけたいですね。




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。