健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おひな様の由来!ひな人形を飾る意味は?お内裏様の並べ方は?

ひな祭り由来

ひな祭りにおひな様を飾るのはなぜ?ひな人形にはどんな意味があるんだろう、と思ったことありませんか?

おひな様の始まりは、厄払いに使われていた人形(ひとがた)という紙だと言われていますが、厄払いで川に流していた紙人形が、いつ頃から雛人形として飾られるようになったんでしょうね。

今日は、おひな様の由来、ひな人形にはどんな意味があるのか?を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


おひな様の由来


ひな祭りは、「上巳節」(じょうしせつ/じょうみせつ)という厄払いの行事と、平安時代に宮中や貴族の子女の間で盛んだった、


紙の人形で遊ぶままごと「ひいな遊び」が結びついたのが始まりと言われています。


上巳節とひいな遊びが結びつき、人の厄を身代わりする男女一対の人形(流し雛)ができ、川に流していたのが、ひな人形の原型といわれています。


この頃の人形は草やわら、紙などで作られていましたが、人形作りの発展とともに、人形は流すものから飾るものへ変わっていき、


現在の段飾りの雛人形の形ができたのは、江戸時代の中頃になってからと言われています。


最初のおひな様は立ち雛だった


江戸時代初期のひな人形は立ち雛で、厚紙で胴体を作りそこへ木で作った頭を差し込み、顔を整え髪をつけたした、シンプルな人形でした。
立ち雛

その後座った形のおひな様(座雛)が作られるようになると、一緒に飾る道具なども作られるようになり、


江戸時代の後期になると、ひな人形は豪華になり、7段飾りや8段飾りが飾られるようになったそうです。

スポンサーリンク


ひな人形を飾る意味


ひな人形は宮中の様子を表していて、主に婚礼を意味しているそうです。


平安時代の流し雛は、身代わりになって災いや厄を引き受けてもらい、子供が健やかに成長できるように願う意味がありましたが、


江戸時代の終わり頃になると、ひな人形を飾る意味も少し変わってきたようです。


江戸時代の後期になると、お祓いだのわざわいを防ぐなどという節句の意義は薄れてきて、

女の子が幸せになるようにとの意味が中心になり、福をもたらすもの、縁起がいいものと飾り立てました。天鳳堂資料室

たしかに、身代わりになって災いや厄を移す人形に、宮中の婚礼を意味する人形を飾るのはおかしいですよね。


天皇と皇后を理想の夫婦として、「皇后さまのように良縁にめぐり会えますように」と願って飾っていたのかも知れませんね。


お内裏様を飾る位置


ひなまつりの歌に「おだいりさまとおひなさま~♪」という歌詞がありますよね。


内裏(だいり)というのは天皇の住まいである御所のことで、お内裏様(おだいりさま)というのは天皇、皇后の二人を表しています。


お内裏様の並べ方は、昔と現在では違っています。


昔は、左側は偉い人の場所「左上位」という考え方があり、向かって右に男びな、左に女びな(人形側から見ると、左上位で左に男びな)でしたが、

お内裏様並べ方(日本古来)



昭和天皇が国際マナーに合わせ、右上位に並ぶようになってからは、向かって左に男びな、右に女びなを並べるようになりました。

お内裏様並べ方


今でも日本古来の並べ方をしている所もありますが、間違っているわけではありません。


おわりに


おひな様の由来、ひな人形にはどんな意味があるのか?を紹介しました。参考になったでしょうか?


子供の幸せを願う親の気持ちは昔も今も変わらない。だから、ひな祭りは何百年も受け継がれてきたんですね。


これからも、子供たちに伝えていきたいですね。


<ひな祭り関連記事>
ひな祭りにちらし寿司を食べるのはなぜ?

ひな祭りに白酒を飲むのはなぜ?

ひな祭りに飾る菱餅の意味や由来

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。