健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

らっきょうのすごい効能と効果!ダイエットにいいって本当?

らっきょうのすごい効能と効果!ダイエットにいいって本当?

畑の薬ともいわれるくらい、とても体にいい食べ物と言われるらっきょう。でも、実際にはどんな風に体にいいのか、らっきょうの効能や効果ってなんだろうと思いませんかませんか。

血液をサラサラにする効果くらいは知っているけどそれ以外にも体にいいのかな…と思って
らっきょうの効能や効果を調べてみたら凄かった。

というわけで、今日はこれを知ると毎日らっきょうが食べたくなる、らっきょうの効能や効果を紹介します。

スポンサーリンク



らっきょうの効果で冷え性改善

らっきょうの効能・効果冷え性改善

たまねぎやニンニクを食べると、血液がサラサラになると聞いたことがありませんか?
らっきょうにも同じ効果があります。


血液をサラサラにするのは、硫化アリル(アリシン)という成分ですが、らっきょう特有の香りにこのアリシンが含まれています。


血液がサラサラになると、血液の循環が良くなり冷え性が改善したり、エネルギーを消費しやすくなるので、痩せやすい体質になります。


らっきょうを毎日食べるだけで、痩せやすい体質になれるなんて嬉しいですね(^^)v
らっきょうダイエット試してみようかな…


ダイエットしている人や、冷え性に悩んでいる人は、これだけでも毎日食べる価値がありそうですが、まだまだ、こんなもんじゃないですよ。



らっきょうで血糖値・コレステロール値を下げる



らっきょうは血液サラサラ効果だけじゃありません。らっきょうには、食物繊維が多く、その含有量はたまねぎや、食物繊維の塊のように見えるごぼうの3~4倍と、ダントツに多く含まれています。


らっきょうの食物繊維には、フルクタンという成分が多く含まれているんですが、このフルクタンという成分が優れもので、血糖値・コレステロール値を下げる効果があります。


フルクタンは、腸の中でコレステロールや血糖を包みみ、排出する効果が実証されています。(日本栄養改善学会で発表)


また、腸内にはビフィズス菌がありますが、ビフィズス菌と相性の良い食物繊維には、血糖値を上げないという特徴があります。


らっきょうの食物繊維はビフィズス菌と相性がいいんです。フルクタンが腸内でビフィズス菌のエサになり、ビフィズス菌が増えて血糖値が上がるのを抑える効果があります。

スポンサーリンク




らっきょうで肥満の改善・ダイエット



らっきょうの食物繊維(フルクタン)は、血糖値やコレステロール値を下げることに加え、最近の研究で脂質の吸収を防ぐ効果があることも分かりました。


血液をサラサラにして冷え性を改善し、エネルギーを消費しやすい体にする効果と、脂質の吸収を防ぐ効果があるらっきょう。


ダイエットのためには積極的に食べたいですね。



らっきょうの効能を何倍にもアップする食べ方



らっきょうは漬物で食べることが多いですが、フルクタンを効率よく摂るには、生で食べるほうがいいです。


フルクタンは水溶性の食物繊維なので、甘酢や醤油漬けにすると、成分が溶けだしてしまうからです。


生で食べるのはムリと言う人は、らっきょうを漬け込んだ甘酢を一緒に飲んだり、甘酢を他の料理に使うと、生で食べるほどではありませんが、溶け出したフルクタンを少し取り戻せます。


フルクタンは5g摂れば効果があるので、生のらっきょうだと普通サイズで3個くらい、小ぶりのらっきょうでも5個くらい食べると良いです。


血液のサラサラ効果を高めるには、らっきょうを生のままスライスして、30分以上、空気にさらしてから調理するといいです。


たまねぎとスライスしたらっきょうを合わせて炒めると、血液のサラサラ効果が、約80倍も高くなります。



おわりに



らっきょうのすご~い効能や効果を紹介しました。参考になったでしょうか?


らっきょうの効能や効果を知って、らっきょうを見る目が変わりました。まだまだ他にもいろんな効能があるようですよ。


生で食べたことはなかったけど、今年は生で食べてみようかなと思います。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。