健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

端午の節句!ちまきや柏餅を食べる意味は?どんな由来があるの?

端午の節句ちまきの意味と由来

「端午の節句(こどもの日)に、ちまきや柏餅を食べるのはなぜだろう?」「いつ頃から食べるようになったのかな…」

季節ごとの行事やお祝いの日の食べ物には、それぞれに意味や由来がありますよね。柏餅やちまきには、どんな意味があるんでしょね。

今日は、端午の節句(こどもの日)のちまきと柏餅には、どんな意味があるのか?どうしてちまきと柏餅を食べるようになったのか、その由来を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


端午の節句にちまきを食べる意味・由来


5月5日の端午の節句(こどもの日)に、ちまきを食べるようになったのは、中国の故事に由来します。


今から2300年ほど前の中国に、詩人であり政治家でもあった屈原(くつげん)という人がいました。


国王の側近として仕え、人々からとても慕われていましたが、陰謀によって失脚し国を追われれ、川に身を投げ死んでしまいます。


屈原(くつげん)が亡くなったのが5月5日です。


屈原の死を悲しんだ人々が、命日の5月5日に供物を川に投げて供養しましたが、供物が屈原に届く前に龍に食べられてしまいます。


そこで人々は、屈原へ供物を届けようと、龍が苦手にする「れんじゅ」と呼ばれる葉で供物のもち米を包み、


邪気を払うとされる五色(赤・青・黄・白・黒)の糸で縛ってから投げたところ、無事に屈原に供物が届いたと伝えられています。


これが粽(ちまき)の始まりです。


この話が日本に伝わり、ちまきを食べることで災厄や疫病を逃れると解釈され、5月5日に粽(ちまき)を作り、災いを除けるようになった言われています。


端午の節句に食べるちまきには、邪気や厄を払うという意味があるんですね。


ちまきに結んだという赤・青・黄・白・黒の五色の糸は、今では魔よけの意味を込めて、鯉のぼりの吹流しの色になっています。

スポンサーリンク


端午の節句に柏餅を食べる意味・由来


端午の節句(こどもの日)に柏餅を食べるようになったのは、江戸時代からです。


ちまきは中国から伝わったとされていますが、柏餅は江戸時代に江戸でうまれた日本独特の食べ物です。


端午の節句(どもの日)に柏餅を食べるのは、子孫繁栄を願う意味があります。


柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちません。これを「子供が産まれるまで親は死なない」、「家系が途絶えない」と結びつけたことや、


柏の木は山火事でも生き残るほどの強い生命力を持っていることから、縁起の良い食べ物として、端午の節供に食べるようになったと言われています。


江戸時代は、男の子が産まれると、身内に柏餅を配ってお祝いしたそうですよ。


なぜ柏の葉で包んでいるのかというと、柏は神が宿る神聖な木とされているからです。


神様を拝むとき、拍手を打つと言いますよね。この拍手を打つという言葉は、柏の木からうまれた言葉です。

端午の節句柏餅の意味由来

柏餅の葉は食べる?食べない?


ところで、柏餅の葉ってどうしていますか?食べようと思えば、食べられない事もないですが、美味しくないですよね。


桜餅は葉っぱも食べるから、柏餅も食べるという人もいるかも知れませんが、柏餅の葉は食べないというのが一般的です。


おわりに


端午の節句(こどもの日)にちまきや柏餅を食べる意味や、ちまきと柏餅を食べるようになった由来を紹介しました。参考になったでしょうか?


柏餅には子孫繁栄を願う意味があり、粽(ちまき)には災いを除ける意味があったんですね。


ところで、柏餅はザラザラした葉っぱの表を外向けにしたものと、ツルツルの裏を外向けてにしたものがあるのを知っていますか?


間違っているわけじゃなくて中身の違いを表しているんです。


葉のザラザラした表が見えるように包んであるのは小豆あんで、ツルツルしたが裏が見えるように包んであるのは白味噌あんです。


私は、味噌あんの柏餅が好きなんですが、我が家の近くでは売ってなくてちょっと残念です。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。