健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭が生臭い!それ魚臭症という病気かも?対処法はあるの?

体臭が生臭い魚臭症

汗をかくと体臭が生臭い、体から腐った魚のニオイがする。親にも言われるし自分でも自覚しているけど、どうすれば治るのかわからない・・・辛いですね。

生臭い体臭は、魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)という、病気の可能性があります。

今日は、魚臭症とはどんな病気なのか、生臭いニオイの対処法はあるのか、魚臭症の検査を受けるにはどうすればいいかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)とは?


魚臭症候群は、魚などの多く含まれるレシチンという脂質が、腸内細菌の酵素により「トリメチルアミン」という魚臭に似たニオイ物質に分解されて、それが体を回って、呼気や汗や尿の中に排泄されることで特異的な体臭をつくるものです。五味クリニック

食べ物がトリメチルアミンという物質に分解されるのは、特別なことではなくて誰でも同じです。


通常はこのトリメチルアミンは肝臓で分解されて、悪臭が外に出ることはありませんが、肝機能の障害や、先天的な遺伝子の異常によって、トリメチルアミンを分解できない人がいます。


魚臭症の場合、トリメチルアミンを分解して、無臭化する酵素が欠損していたり、酵素の働きが低いことが原因と言われています。


肝臓で分解できないと、強いニオイ物質は血流によって全身に運ばれ、生臭い体臭や口臭の原因になってしまいます。


魚臭症は、そのニオイを自分で感じている人もいますが、自分では気が付かない場合もあります。


周りの人にしてみれば、この生臭いニオイに気づかないのはおかしい、そう思うかも知れませんが、


生まれた時からこの嗅いを嗅ぎ続けていると、ニオイを感じる臭細胞がマヒして反応しなくなるため、本人は気づかないことがあるのです。


生臭い体臭の対処法はあるの?


魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)の治療法は、まだわかっていません。現在、唯一の対処法は食事です。


魚臭症候群は、仮に診断されたとしても、現在の治療法は「症状を軽くするための食生活の工夫」に限定されます。たとえば、トリメチルアミンの元となるコリン、カルニチン、レシチン、等を含む食品の摂取を制限することなどです。五味クリニック

食べ物によってトリメチルアミンの発生量が大きく異なります。ニオイを抑えるためには、トリメチルアミンを発生させる食べ物を少なくすることです。

スポンサーリンク



トリメチルアミンの発生量がを増やす食材


コリン含有量が多いのは、卵、レバー、鳥や牛などの腎臓、エンドウ豆、そら豆、ピーナッツ、大豆製品、アブラナ科の野菜(芽キャベツ、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー)、なたね製品の油脂や粉 。


レシチンは大豆や卵、肉類等に含まれるリン脂質です。レシチン含有量が多いのは、大豆や卵、肉類、レシチンのサプリメントも含まれます。


トリメチルアミンオキシド(消化管でトリメチルアミンになる物質)が多いのは、シーフード類(魚、いか、たこ、かに、えびなどの頭足類、甲殻類)です。


米や小麦などの穀物やイモ類、野菜、果物はトリメチルアミンを発生させにくいことがわかっています。


トリメチルアミン尿症に対応した食材については、魚臭症候群,魚臭症,トリメチルアミン尿症の日本におけるホームページのホームページに詳しく書かれているので、参考にしてみてください。


魚臭症の検査について


魚臭症候群の検査は一般の病院ではできないと思います。現在は、昭和薬科大学の山崎浩史先生が魚臭症候群の研究をされています。


「自分が魚臭症候群かも知れない」「生臭い体臭で困っている」人は、下記のHPアドレスにアクセスして、尿検査による診断の問い合わせをしてみてください。


連絡先メールアドレスは、hyamazak@ac.shoyaku.ac.jp


魚臭症候群,魚臭症,トリメチルアミン尿症の日本におけるホームページの下の方に載っています。


おわりに


体臭が生臭くなる魚臭症とはどんな病気なのか、生臭いニオイの対処法はあるのか、魚臭症の検査を受けるにはどうすればいいかを紹介しました。


魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)とても辛い病気ですね。


この病気は、5年前に「ザ!世界仰天ニュース」で取り上げられて、つい最近再放送されています。ニオイで苦しんだ少女


25歳になった少女は食事制限を続けることで、今、生臭い体臭はしないそうです。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。