健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突発性発疹はうつる?うつる期間はどれくらい?保育園はいつから?

突発性発疹うつる

ほとんどの赤ちゃんが一度は経験する突発性発疹。
名前は知っていても子供が突発性発疹にかかると、突発性発疹ってうつる病気なの?保育園はどうしよう?治るまで外出できないのかな?と不安になるママは多いのではないでしょうか。

突発性発疹は原因がウイルスによるもので、感染力は弱いですがうつる病気です。

今日は、突発性発疹の原因や潜伏期間、うつる期間、保育園や外出はいつから大丈夫かを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



突発性発疹の原因と人にうつる期間


突発性発疹の原因は「HHV-6(ヒトヘルペスウイルス6型)」「HHV-7(ヒトヘルペスウイルス7型)」という2種類のウイルスです。


感染力は弱くて、一度感染すれば2度とかかることはないんですが、6型と7型にそれぞれ1回ずつ感染して、突発性発疹に2回かかることもあります。


ウイルスに感染してから症状が出るまで(潜伏期間)は1~2週間で、突然38度~40度近い高熱が3~4日続き、


熱が下がるのと入れ替わるように、小さな発疹(ピンク色~赤い)がでてきます。


人にうつす感染力が強いのは熱がでている時で、この時期に突発性発疹をやっていない兄弟や、他の子が一緒にいるとうつる可能性が高くなります。


熱が下がれば感染力は弱くなり、熱が下がって1日過ぎれば人にうつる心配はなくなります。


大人にもうつる?妊婦は大丈夫?


突発性発疹にかかった子供を看病している時、妊娠中だったりすると「お腹の子に影響があるんじゃ?」と心配になるかも知れませんが、


突発性発疹が大人にうつることはないので安心して下さい。大人はすでに突発性発疹の免疫をもっています。


突発性発疹は赤ちゃんが生まれて初めて高熱と発疹をだす病気で、生後6ヶ月頃から1歳までの間にかかることが多く、遅くても3歳までにほぼ全ての赤ちゃんが一度はかかる病気です。

スポンサーリンク




保育園はいつから行ける?


突発性発疹は登園禁止の病気ではないので、保育園を何日休むという決まりはありません。熱が下がって機嫌が良ければ、発疹が出ていても登園は可能ですが、


保育園によっては「登園許可証を出して下さい」と言われるがあるので、登園する前に通っている保育園に確認したほうがいいです。


ちなみに、保育所における感染症対策ガイドライン(厚生労働省)では、登園可能となる目安として「解熱後1日以上経過し、全身状態が良いこと」とされています。


外出はいつから大丈夫?


お買い物に行く時赤ちゃんを一人残しては行けないけど、スーパーに連れて行ってもいいのか悩みますね。


突発性発疹は熱がでている時は外出はNGですが、熱が下がって発疹がでれば外出しても大丈夫です。


ですが、高熱が続いた赤ちゃんは体力を消耗して弱っているので、長時間連れ回すと他のウイルスや細菌が入り込んでしまう可能性があります。


発疹が消える1週間くらいは遠出は避けるようにしましょう。回復期は他の病気にかからないように注意することが大切です。


おわりに


突発性発疹の原因や潜伏期間、うつる期間、保育園や外出はいつから大丈夫かを紹介しました。


突発性発疹は高熱がでるので驚きますが、麻疹やおたふく風邪、風疹などとは違って、重症化することはほとんどないといわれています。


私も看護師をしている時に何人もみましたが、突発性発疹がひどくなった赤ちゃんはみたことありません。


誰でも一度はかかる病気だと思って、あまり心配し過ぎてママが疲れないようにしてくださいね。


<関連記事>
突発性発疹で不機嫌になるのはなぜ?いつまで続くの?どう対処すればいい?





[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。