健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひな祭り初節句!お祝いはいつ贈ればいい?金額の相場は?

ひな祭り初節句祝い

もうすぐ桃の節句、ひな祭り。

桃の節句は、古くは平安時代からあるようで
生まれた赤ちゃんが災難や病気にあわず、
健やかに育ちますように、素敵な人生が送れますようにと、

いつのの時代も親の願いは同じですね^_^

ところで、
親戚の初節句のお祝いをしたいけど、

初節句のお祝いっていつ贈ればいいんだろう?

何を贈ったら喜ばれるのだろう?

どれくらいの金額が良いのかなぁ?

いろいろ迷うことって多いですよね。


今日は、ひな祭りの初節句のお祝いについて、
お祝いを贈る時期やお祝い金額の相場などをまとめてみました。

お金より何かプレゼントしたいなという方の為に、
喜ばれるプレゼントも紹介しています。


初節句のお祝いを贈る時期


初節句のお祝いを贈る時期としては、
1月初旬から2月中旬くらいです。

かなり早い時期ですね


遅くても3月3日のひな祭りの1週間まえまでに
贈るようにしましょう。


ここで気になるのが、1月や2月生まれの子ども
の場合はいつ贈る?ではないでしょうか。


厳密にいうと、1月1日~3月2日までに生まれた
お子さんは、その年の3月3日が初節句ですが、


1月、2月に出産して3月に初節句なんて
慌ただしいし、準備するママも大変ですよね。


子ども小さすぎて首もすわってないような場合は
翌年にお祝いされる家庭も多いので、


1月や2月生まれの子どもさんにお祝いを贈る時は
確認した方がいいです。


<町ぐるみのひな祭り(柳川雛祭り)>



初節句お祝いの相場は?


お祝いの金額は決まっているわけではありませんが、

祖父母は 5万円~

兄弟や親せきは 5000円~2万円

友人や同僚は 3000円~5000円

というのが目安になります。


現金でお祝いを贈る場合は、
4や9の数字を避け、新札かなるべく折り目のない
お札を祝儀袋に入れ、


表書きは「御祝」「初節句御祝」などとするのが
一般的です。

ひな祭り


お金がいいのか、物がいいのか?


お祝いを品物にする場合、先方の好みもあるし、
大きさや置き場所、他の人と同じものにならないか
など、いろいろ考えてしまいます。


かといって、現金では味気ないような気もして
迷うところですが、


大切なのは生まれた赤ちゃんを祝う気持ち、
無事に生まれて良かったね、私たちも嬉しいよ
という気持ちが伝ることです。


あまり深く考えすぎず、先方に喜んで頂けるものなら
どちらでもいいと思います。


プレゼントで人気の物、喜ばれる物は?


初節句はお人形を贈るのが習わしだったようですが、
最近では、人形にこだわらず、玩具や衣類など
多様化しています。


その中で人気があるのは、可愛いいぬいぐるみ
積み木などの木のオモチャです。


オモチャはいつまでも飽きの来ないものが喜ばれるようです。


ちょっと変わったところでは、
スタジオでの記念写真の撮影をプレゼントする
というのもあるようです。


初節句に写真館で記念写真を撮影するって
なかなか素敵なプレゼントですね。

最後に

お祝を届ける時、初節句を祝うお子様の他に
小さいご兄弟がいらっしゃる場合は、


ご兄弟の方にもほんのちょっとした物、
100円~200円くらいのお菓子でもいいので、
持っていくと喜ばれますよ。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。