健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

送別会(転勤・異動)送られる側の挨拶!挨拶に盛り込む内容は?

送別会

3月は送別会の季節ですね。転勤する人、退職する人、職場の送別会となると挨拶を求められますが、改まってお別れの挨拶をするとなると、何をどう話せばいいのか悩みますね。

そこで今日は、転勤による送別会で好感がもたれる挨拶について、挨拶に盛り込む内容や、気を付けるべきマナー、ポイントなどを紹介します。

スポンサーリンク



送別会で送られる側の挨拶に盛り込む内容は?



送別会の挨拶は、これまでお世話になった感謝を伝えるものですが、「いろいろお世話になり、ありがとうございました」では味気ないですね。

挨拶に、こんなことを盛り込んむと、好感がもてる挨拶になりますよ。

挨拶に盛り込む内容

・ 送別会を開いていただいたお礼

・ 転勤の日にち

・ 自分自身の職場でのエピソードや思い出など

・ お世話になった方たちへのお礼

・ 今後のこと(抱負など)


職場でのエピソードや思い出は、一人一人に言葉を贈るように話すと、あなたのことが思い出として相手の心に残ります。


と言っても、職場の全員との思いでを話すと長くなるので、特にお世話になった人や、親しくしていた人など、2~3人にしぼっておくといいです。


話の最後にもう一度お礼をのべて挨拶を終わります。


送別会の挨拶で気を付けるべきマナー



気持ちよく送別会を終えるために、守るべきマナーがあります。


部署の悪口、個人の悪口を言わない
最後だからいろいろ言いたい人や、職場に言いたいこともあるかと思いますが、ここはグッとこらえて、

送別会で話すのは、職場での良い思いでや、自分自身の失敗談などにしておきましょう。

言いたい放題はその場の雰囲気も悪くなり、自分の評価も下がってしまいますよ。


自分の自慢話はしない
自分自身の成長につながった経験を話すのはいいですが、自慢話になってしまうと場は白けてしまいます。


職場の仲間がいたからこそ、成長することができたという、謙虚な気持ちで感謝を忘れずに挨拶をしましょう。


お世話になったことに対して、お礼の言葉は忘れずに必ず述べましょう。

スポンサーリンク



転勤の挨拶文例


職場でのエピソードや思い出、今後のこと(抱負など)を盛り込んだ挨拶の文例を紹介します。

挨拶の文例がちょっと堅苦しいな思ったら、あなたの職場の雰囲気にあうように変えてください。

本日は、このような送別会を開いていただきありがとうございます。
いよいよ今月○日をもちまして、○○への転勤となります。


○○では5年間の勤務でしたが、こちらに着任した日のことが、昨日の事のように思い出されます。

あたたかい職場で皆さんに助けていただいて、仕事に精一杯取り組むことができました。


新人の頃、右も左もわからない私を支えてくださった、皆さんには本当にお世話になり、心より御礼を申し上げます。


特に〇〇さんには、仕事だけではなく、社会人としてのマナーも教えていただきました。

自分では、ずいぶん大人になったつもりですが、〇〇さんには、まだまだと言われそうです。

いつも飲み会に誘ってくれた○○君や○○さん、疲れたなという時に、笑顔でお茶を入れてくれた○○さんや○○さんにも、感謝を伝えさせて頂きます。


○○へ行っても皆さんのことはけっして忘れません。長い間、本当にありがとうございました。


これからは、ここで教えていただいた5年間を忘れずに、もっともっと自分を磨いて、存分に力を発揮していきたいと思います。


おわりに(忘れられない挨拶)



転勤による送別会で好感がもたれる挨拶について、挨拶に盛り込む内容や、気を付けるべきマナー、ポイントなどを紹介しました。参考になったでしょうか?


病院の医師が2~3年で移動になるので、私も何度も送別会にでましたが、10年以上たった今でも覚えている挨拶があります。


「医者になった頃〇〇先生が目標で、先生に追いつき追い越したいと妻といつも話していました。今回先生と一緒に働けたことに感謝します。

〇〇病院に移動になりますが、さらに勉強して一回り大きくなって戻ってきます。」

この先生は本当に戻ってこられました。今はえらくなってるんだろうなと思います。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。