健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三寒四温ってどんな意味?いつ頃使う言葉なの?

三寒四温の意味

三寒四温(さんかんしおん)ってどんな意味?いつ頃の季節に使う言葉なんだろう?春が近づいてくると耳にする言葉ですね。冬に使う言葉なのか、春先に使う言葉なのか?何となくわかるような分からないような・・・
そこで今日は、三寒四温の意味や、いつ頃(何月頃)使う言葉なのかを紹介します。

スポンサーリンク



三寒四温の意味



三寒四温とは、寒い日が3日くらい続くと、そのあとに比較的暖かい日が4日続くという意味です。


寒い日と暖かい日の周期を表す言葉なんです。


もともとは中国の北部や朝鮮半島の北部で使われていた言葉で、


冬の気候が7日ぐらいの周期で、強まったり弱まったりすることを表す言葉として使われていたのが、日本に伝わってきたそうです。


三寒四温を使う時期



三寒四温は冬の季語で、冬の間ずっと使える言葉です。手紙などの時候の挨拶としては2月~3月に使われます。


冬の季語なのに春先に使うの?と思いますよね。


日本には冬に3日間寒い日が続いたあとに、4日間暖かい日が続くという周期が現れることは、ほとんどないんだそうです。


日本は、春先に低気圧と高気圧が交互にやってきて、寒くなったり暖かくなったりを繰り返しますよね。


そのため、日本では三寒四温という言葉を、春先に使うことが多くなっているそうです。

スポンサーリンク




三寒四温を使った文例



三寒四温を使った手紙や葉書の文例を紹介します。


「少しずつ寒さも緩み、三寒四温を実感する時節となりました。」
 
「三寒四温の候、暖かな日にはほっと息つくこの頃です。」

「三寒四温の候、少しずつ春めいてきたように感じられる今日この頃です。」

「春らしくなりましたが、まだまだ三寒四温で、寒い日もございます。」

「三寒四温の候、いかがお過ごしでしょうか。」

「三寒四温と言われる季節、お元気にお過ごしでしょうか?」



おわりに



三寒四温の意味や、いつ頃(何月頃)使う言葉なのか、三寒四温を使った文例などを紹介しました。参考になったでしょうか?


私は以前、三寒四温とは、暖かくなったかと思うと寒くなる、これを3回くり返すと春になるという意味だと思っていました。


子供の頃、誰かに聞いたんだと思うんですが…春が近いという点では合っているかな?微妙な感じですね^^;


まさに今、三寒四温、順調に暖かくなってきたと思っていたら、また寒くなりましたね。 


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。