健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

盆提灯はいつから飾るもの?明かりを灯すのはいつ?

盆提灯いつから

盆提灯はいつから飾ればいいんだろう?明かりを灯すのはいつからいつまでだろう?
祖先や故人の霊を供養するお盆に欠かせない盆提灯。お盆に提灯を飾るのは知っていても、いつから飾るのか、提灯の明かりはいつ灯せばいいのかなど、細かい部分があいまいってことありますよね。
今日は、盆提灯を飾る意味や飾る期間、明かりを灯す時間などを紹介します。

スポンサーリンク



盆提灯を飾る意味は?


お盆に提灯を飾る意味は、先祖や故人の霊が迷わずに帰ってこれるように、目印として飾り、帰ってきた先祖や故人の霊が宿る場所になります。


昔からお盆には、迎え火・送り火といって、先祖や故人の霊が迷わないように、家の門口や玄関で火を焚いて迎えたり、送ったりする風習がありますが、


最近はマンションや団地など、玄関先やベランダで火を焚くのは難しくなり、迎え火や送り火をする家庭は少なくなっているといいます。


そこで、盆提灯が迎え火・送り火の役割を果たすようになったのです。


迎え火・送り火としてだけではなく、盆提灯を飾ることには先祖や故人の冥福を祈り、感謝の気持ち表すという意味もあります。


お盆には盆棚(精霊棚)をつくり、いろいろなお供え物をしますが、その中で盆提灯は最高のお供え物とされているんです。


盆提灯は新盆を迎えた家に、親戚などから贈る風習があるのを知っていますか?贈られた盆提灯が多いほど、故人が慕われていたということになるそうですよ。

スポンサーリンク


盆提灯はいつからいつまで飾るものなの?


盆提灯はお盆の前日までに飾って、見送りの日が終わったら片付けます。


お盆の期間は、8月13日から4日間の所と、7月13日から4日間のところがありますが、どちらも13日がお迎え日で16日が見送りの日になります。


盆提灯を飾るのは早くても大丈夫ですが、あまりに早すぎるのはおかしいですよね。


早めに飾る場合の目安としては、7月盆の場合は7月初め、8月盆は8月初めくらいなら問題ありません。遅れるよりは早いほうがいいです。


盆提灯の明かりはいつ灯す?

盆提灯の明かりを灯す

お盆に飾った盆提灯に火を灯すのは、お盆の7月13日(8月13日)から16日の間です。


火(明かり)を灯すのは、夕方からが基本です。


お盆の間ずっと灯しておく必要はないので、昼間の明るい間や、夜中は明かりを落としても大丈夫です。


私が住んでいる所は、8月13日の夕方お墓参りをした後、提灯の明かりを灯します。


ところで、盆提灯を飾るのは新盆だけとか、亡くなった人がいなければ飾らないと思っていませんか?


実は私、そう思っていたんですが、絵柄の入った盆提灯はご先祖様のために毎年飾るものだそうです。


白提灯は新盆の時だけ飾るそうですが、私の母は「迷わず帰っておいで」と言いながら、毎年白提灯も飾っていました。


迎え火や送り火の習慣がない地域なので、迎え火のつもりだったんだろうと今思います。


おわりに



盆提灯を飾る意味や、いつから飾るのか、盆提灯の明かりを灯す時間などを紹介しました。

参考になったでしょうか?

盆提灯というと、和室に飾ってあるイメージしか浮かばないんですが、最近は仏壇も盆提灯も洋室に合うモダンなものがあるんですね。


人気がある仏壇は2ヶ月待ちだとか。我が家の仏壇も古くなってきたので、買い換える時はモダン仏壇もいいなと思っています。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。