健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨どきの体調不良!体がだるいのなぜ?対処法は?

梅雨だるい

梅雨になると体がだるい、疲れがとれない、頭痛やめまいがする…なぜだろう?病院に行くほどではないけど……うっとうしい天気が続く梅雨の時期、体調不良に悩まされることがありますよね。今日は、梅雨時に体調不良になる原因や、対処法を紹介します。

スポンサーリンク



梅雨どきの体調不良の原因は?



体調不良を引き起こす原因の一つは、空気中の湿度の高さです。ジメジメして湿度が高い

梅雨どきは、水分代謝がうまく行われず、体内に余分な“水”が溜まりやすくなります。

体内に余分な水が溜まると、むくんだり、頭や身体が重く感じられ、体がだるい、疲れが

とれない、頭痛がするといった不調を引き起こします。

もう一つは、梅雨時の気温や湿度、気圧の変化に体がついていけず、自律神経が乱れること

によって体調不良を起こします。

自律神経とは?


自律神経というのは、心臓や内蔵を動かしたり、呼吸をしたりなど生命の維持に関わる、

すべての器官の働きをコントロールしている神経です。

気温や気圧の変化がゆっくりなら、自律神経はその変化に少しずつ順応して、体調不良も

おこらないんですが、梅雨どきは暑い日があったり、雨が続いて寒かったりと不安定なため、

自律神経の調整がおいつかず、さまざまな体の不調を感じるようになります。

自律神経の乱れは心にも影響して、梅雨どきは気分が憂鬱になったり、不眠になったり、

イライラしたりすることもあります。

スポンサーリンク



梅雨どきの体調不良の対処法

梅雨どき体調不良


梅雨どきの体調不良の対処法は、体に余分な水を溜め込まいないこと、自律神経への負担を

減らす
ことがポイントです。そのために具体的にどうすればいいか、まとめてみました。


1,体を冷やさない


温度変化によるストレスを減らすため、体を冷やさないようにして、気温の変化から

体を守りましょう。梅雨どきに外出する時は常に、カーディガンや薄手のジャンパー、

ストールなどの、簡単に脱ぎ着できるものを1枚携帯しておきましょう。

また、お風呂に入って温まるのもいいですね。じっくり温まって汗をかくことは、溜まった

水分も排出されるし、お湯につかってリラックスすることは、自律神経のバランスを整えます。
自律神経リラックス

2, 十分な睡眠をとる


睡眠不足は自律神経を乱してしまいます。決まった時間に寝て、決まった時間に起きる

ということを意識して、毎日の睡眠時間を一定に保つことで、自律神経が安定します。

ただし、眠りは長ければいいという訳ではありません。あまり寝過ぎても自律神経が

乱れてしまいます。


3, 朝日をあびて部屋にも光をとり込む


眠っている時と、朝明るくなって目覚める時で、自律神経は切り替わります。

この切替がスムーズにいくように、朝起きたらカーテンを開けて、部屋に光をとり込み、

「朝だよ!」と体に認識させましょう。梅雨どきは日がさすことが少ないですが、そんな時は

部屋を明るくして、体に朝を伝えましょう。


4, 運動で汗を流す。


運動することで自律神経のはたらき自体が高まります。また、運動して汗を流すと余分な

水を減らす事にもなります。自律神経を整えるためには、ウォーキングやジョギング、

サイクリングなど、自分のペースでできる運動が効果的です。汗をかいたらそのままにせず

拭きとって皮膚は乾燥させましょう。



おわりに


梅雨時に体調不良になる原因や、対処法を紹介しました。参考になったでしょうか?

冷えは万病の元とかいいますが、梅雨時の体調不良の予防や改善には、体を冷やさないことが
重要みたいですね。

毎年、梅雨の時期に体調が悪くなるという方、今年は徹底した冷え予防をしてみると良いかも

知れません。


菜種梅雨ってどういう意味?いつからいつまで続くの?

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。