健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

父の日に贈る花の選び方!人気の花は?

父の日の花の選び方

父の日に花を贈ろうと思うけど、花にはあまり詳しくないから、どんな花がいいか分からないな?母の日のカーネーションみたいに、父の日の花ってあるのかな?
もうすぐ父の日。花が好きなお父さんには嬉しいプレゼントですね。
今日は、父の日の花の選び方や、父の日に人気の花を紹介します。

スポンサーリンク



父の日の花の色



母の日にカーネーションを贈る習慣がある日本ですが、対して父の日に特定の品種の花を

贈る習慣は、まだしっかりと根付いていません。

一部では、父の日には黄色い薔薇を贈るという説もありますが、それ以外にも、花言葉に

ちなんでプレゼントするケースも見受けられます。

なぜ黄色かというと、イギリスでは古くから黄色を身に着けると身を守ることができる、

という謂れ(いわれ)があり、命を救う大切な色とされています。

最近父の日が近づいてくると耳にする、イエローリボン自体も、愛と信頼と尊敬を表す

色なので、一家のために働いてくれている父親に、適した花の色といえるでしょう。

スポンサーリンク



父の日に人気の花

父の日ひまわりの花

黄色い花で、花言葉の視点から見ても、父の日に贈るのに適したものはどれかと言うと、

まず筆頭はひまわりです。

ひまわりは真夏の青空にぴったりの花ですね。ひまわり自体が持っている明るさや元気さが、

一家の大黒柱である父親を連想させる点が人気です。

ひまわりが持つ意味も、父親に憧れる気持ちを素直に表現した「敬慕(けいぼ)」や

「あなたを見つめている」など好意的なものが含まれています。


次に人気なのが百合です。

ひまわりとは違った上品さが魅力的で、気さくな印象もあるひまわりを贈るには、

父親との距離が少し遠いと感じる人向けの、厳か(おごそか)な花です。

花言葉も父の偉大さを示す「威厳(いげん)」や、子どもからのメッセージにもなる

「子の愛」などがあり、親子の距離はあるものの、気持ちは繋がっていると伝えるようなものになっています。


百合を贈る時のポイント

父の日ユリの花

百合はひまわりとは違って、各色によっても意味が異なるのも特徴のひとつです。

黄色には「陽気」や「飾らぬ美」等の前向きな意味のほかに、「偽り」「不安」といった

後ろ向きの意味も存在します。

父親や周りの家族が花言葉に詳しい場合は、黄色の百合のみを贈るのではなく、

複数の色と合わせて贈ると、後ろ向きの意味をごまかせるので無難です。

これは「献身」という良い意味がある一方で、悪い意味でとらえると「別れましょう」

とも受け取ることができる黄色い薔薇を、あえて父の日に贈りたい時にも使用できる手法です。


おわりに



父の日に贈る花の選び方や、父の日に人気の花を紹介しました。参考になったでしょうか?

私の父は花よりお酒のほうが喜ぶ人なんですが、1度だけ花を贈ったことがあります。

その時の父は、照れくさいような嬉しいような顔で、「ありがとう」と言ってくれたのを覚えています。

父親に花を贈ることってあまりないけど、年に一度花を贈って感謝を伝えるのもいいですね。



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。