健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

菜種梅雨ってどういう意味?いつからいつまで続くの?

菜種梅雨

春先って雨が多いですね。春先に雨が降り続くことを、春の長雨とか菜種梅雨(なたねづゆ)、という言い方をしますが、菜種梅雨ってどういう意味?時期はいつ頃からいつまで続くの?と思ったことないですか。菜種梅雨以外にも、季節の変わり目に雨が降り、四季それぞれに、植物の名前がついた梅雨があるんですよ。
今日は、菜種梅雨の意味や時期、四季それぞれの梅雨を紹介します。

スポンサーリンク



菜種梅雨の意味は?時期は?


菜種というのは菜の花ことです。菜種梅雨というのは、菜の花が咲いている時期、

3月下旬から4月上旬にかけて、降り続く雨のことです。3月下旬から4月は、菜の花

だけじゃなく、桜やいろんな花が咲きだしますよね。

この頃に降る雨は、花を催す(咲かせる)という意味で、催花雨(さいかう)と

言われることもあります。

菜種梅雨は、6月から7月の梅雨に比べると、激しい豪雨になるような事は少なく、

しとしと降って植物を育てる、優しい雨と言えます。

菜種梅雨の時期はいつまで?

菜種梅雨菜の花

菜種梅雨の時期は、明確に決まっているわけではありません。だから、気象庁が

菜種梅雨入りしたとか、菜種梅雨が明けた、という発表はしませんよね。

菜種梅雨と言われるのは、主に3月半頃から4月前半ですが、菜の花の咲く時期は地域

差があるので、4月下旬でも菜種梅雨というかも知れません。


四季それぞれの梅雨がある



梅の実が実るころの長雨を梅雨、といいますが、一年のうちには4回、雨の降りやすい

時期があって、本番の梅雨のほかにも、菜種梅雨、すすき梅雨、山茶花(さざんか)

梅雨と呼ばれる梅雨があります。


すすき梅雨とは

すすき梅雨

8月下旬から10月上旬、この時期に秋雨前線の影響で降る長雨を、秋雨(あきさめ)

や秋霖(しゅうりん)といいますが、8月下旬から10月にかけては、お月見に

欠かせない、すすきが生長する頃です。それで、この時期に雨が続くと、すすき梅雨と

呼ぶことがあります。

さざんか梅雨とは

山茶花梅雨
11月下旬~12月上旬に降る雨を、山茶花(さざんか)梅雨といいます。

多くの花は春~秋に咲く中で、山茶花は冬の花の無い時期に咲く、貴重な花ですね。

秋の長雨、すすき梅雨は、明瞭な年もあれば、ほとんど現れない年もあり、山茶花梅雨

は、全く現れない年もあります。

スポンサーリンク



おまけ!たけのこ梅雨



5月の初旬に降り続く雨を、たけのこ梅雨と言うこともあります。

5月はたけのこがグングン伸びる時期ですね。もともとは伊勢や伊豆の漁師ことばで、

南東の風のことを指していたそうですが、「春の東風は雨」ということわざがある

ように、雨が降ることが多いことから、5月初旬の雨がたけのこ梅雨、と言ように
なったそうです。


おわりに


菜種梅雨の意味や時期、四季それぞれの梅雨を紹介しました。

参考になったでしょうか?

一雨ごとに寒くなるとか、一雨ごとに暖かくなるとか言いますが、季節の移り変わりと

雨は深い関係があるんですね。雨に植物の名前をつけて、季節の移り変わりを感じる

なんて、ちょっと素敵だと思いませんか。梅の実がなる頃の梅雨も、外国だと雨季

(うき)の一言ですよね。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。