健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母の日!なぜカーネーションを贈るの?花の色に意味があるの?

母の日になぜカーネーションを贈るの?

母の日の花と言えばカーネーション。ありがとうの言葉を添えて、赤いカーネーションを贈るのが定番ですが、なぜカーネーション?と思ったことありませんか。最近は、赤以外のカーネーションを贈る人もいますが、カーネーションは何色でもいいんでしょうか?
今日は、母の日の由来や、なぜカーネーションを贈るのか、花の色にはどんな意味があるのかなどを紹介します。

スポンサーリンク



母の日の由来!母の日はいつ始まったの?

 


母の日のルーツは、古代ギリシャ時代や17世紀のイギリスなど、さまざまな説がありますが、

現在の母の日は、20世紀の初め頃、アメリカの一人の少女が、苦労して自分を育ててくれた

母親の命日に、追悼の意を表し亡き母を偲んで、白いカーネーション霊前にたむけたのが、

始まりとされています。

日本で母の日を祝うようになったのは、大正時代になってからです。キリスト教関係者や団体

から、母の日を祝うことが提案されて広まりました。大正時代の母の日は、どんな祝い方を

していたのか良くわかりませんが、今のようにカーネーションと共に、プレゼントを贈る

ようになったのは、戦後になってからです。


なぜ赤いカーネーションを贈るの?

母の日赤いカーネーションを贈る
母の日の始まりとなった、少女の母への想いに感動した人々が、教会に集まり、最初の母の日

を祝った時、少女が参加者全員に、母親が好きだった白いカーネーションを手渡したことから

カーネーションが母の日のシンボルとなりました。

最初は、母親が健在な人は赤いカーネーション、母親が故人である人は白いカーネーションを

自分の胸に飾っていましたが、やがて母親本人にカーネーションを贈るようになりました。

日本に母の日が伝わった最初の頃は、赤と白のカーネーションで区別していましたが、

母親がいる子といない子を区別するのは良くない、ということで、赤いカーネーションを

贈るようになりました。

スポンサーリンク




母の日はなぜ日にちが決まっていないの?


母の日は5月の第2日曜日。毎年日にちが違いますね。5月の第2日曜日というのは、1914年に

アメリカの大統領が、「母の日」と定め、母に感謝する祝日にした日です。

日本は、母の日が伝わった大正時代は、当時の皇后誕生日3月6日が母の日でしたが、戦後

になって、アメリカと同じ5月の第2日曜日になりました。


カーネーションの色に意味があるの?

母の日カーネーションの色の意味
最近はいろんな色のカーネーションが、花屋さんに並んでいますね。

母の日に贈るカーネーションも、赤にこだわらない人が増えていますが、カーネーションは

花の色によって花言葉が違います。同じ色でも肯定的な意味と、否定的な意味の両方を持つ色

もあるので、プレゼントする場合は注意しましょうね。


母の日に合うカーネーションの色


赤いカーネーション:花言葉は「母の愛」「母への愛」。母の日にはピッタリの色ですが、

濃い赤(紫や茶、黒に近い赤色のカーネーション)は、否定的な意味の花言葉になってしまうので、注意しましょう。

ピンクのカーネーション:花言葉は「感謝」「上品・気品」。

青のカーネーション:花言葉は「永遠の幸福」。


母の日に避けたいカーネーションの色


白いカーネーション:花言葉は「純粋な愛」「尊敬」という、肯定的な意味と、「愛の拒絶」

という否定的な意味があります。白いカーネーションは、亡くなった母に贈るイメージがあるので、避けた方が無難です。

黄色いカーネーション:花言葉は「嫉妬」「侮蔑」「軽視」。母親に感謝する日に贈るのは避けた方がいいです。

紫のカーネーション:花言葉は「誇り」「気品」という肯定的な意味と、「気まぐれ」

「移り気」という否定的な意味があります。母の日に贈るのは注意が必要です。

オレンジのカーネーション:花言葉は「純粋な愛」「あなたを熱愛します」「清らかな慕情」

母親より恋人に贈る花というイメージです。


おわりに



母の日の由来や、なぜカーネーションを贈るのか、花の色にはどんな意味があるのかなどを

紹介しました。参考になったでしょうか?

母の日に何を贈るか、若い時は毎年悩みまいたが、最近はカーネーションだけを贈っています。

お花だけでも気持ちは伝わりますよ。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。