健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鏡餅を飾るのはいつからいつまで?下げたお餅はどうするの?

鏡餅いつから飾る

鏡餅を飾るのはいつからだろう?早すぎるとか遅すぎることってあるのかな?

初めてのお正月準備、鏡餅はいつから飾るのか、いつまで飾るのか、飾り終わった鏡餅はどうするのかなど、迷うことが多いですよね。

今日は、最初に鏡餅を飾る意味を紹介した後に、鏡餅はいつからいつまで飾るのかや、飾り終わった鏡餅はどうするのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク


鏡餅にはどんな意味があるの?


お正月の飾りとして欠かせない鏡餅は、新年に山から降りてくる年神様(としがみさま)へのお供え物です。


昔から年神様は、家に1年の実りと幸せをもたらすために、新年に高い山から降りてくると考えられているのです。


1年を無事に過ごせたことを感謝する気持ちと、新年に福を運んでくるお礼を込めて神様にお供えするのが鏡餅です。


また、山から降りてきた年神様は、お正月の間、鏡餅の中に宿ると言われています。


鏡餅の丸い形は家庭円満を表し、お餅を重ねた形には1年をめでたく重ねるという意味があるそうです。


鏡餅を飾るのはいつから?


鏡餅を飾るのは、12月28日です。


なぜ28日なのかというと、8を漢字で書くと「八」、しだいに末のほうが広がることから、28日は末広がりで縁起がよい日とされているからです。


28日に飾れなかったからと言って、あわてて29日に飾るのは良くありません。28日に飾れない時は12月30日に飾りましょう。


29日は「二重苦」「苦立て」「苦松(=苦が待つ)」と言って、縁起が悪いので鏡餅を飾らないほうがいいと言われています。


また、31日に飾るのは「一夜飾り(いちやかざり)」と言って、お葬式の飾りを連想させるため縁起が悪いことや、


一日前にギリギリで飾るのは、年神様に失礼になるので飾らないことになっています。

スポンサーリンク


鏡餅はいつまで飾っておくの?


お正月にお供えした鏡餅を下げるのは、鏡開きの日です。


鏡開きは一般的には1月11日ですが、地方によっては1月15日や20日のところがあります。


鏡開きは、年神様が宿れられていた鏡餅を開く(割る)ことで、年神様を見送り、


神様の力が宿った鏡餅を、雑煮やおしるこにして食べることで、無病息災などを願うという行事です。


鏡餅は飾って終わりではなく、年神様の力が宿った餅を食べることで、正月飾りの意味があると言われています。


鏡開きの日は神社などで、鏡餅を入れたおしるこが振る舞われたりしますよね。


餅を食べる者には、力が授けられると言われています。近くにおしるこを振る舞う神社があれば、行ってはどうでしょうか。


鏡餅を飾る場所や飾り方はこちらの記事をどうぞ
鏡餅を飾る場所!どこがいい?飾っちゃいけない場所がある?


おわりに


鏡餅を飾る意味、鏡餅はいつからいつまで飾るのかや、飾り終わった鏡餅はどうするのか、を紹介しました。参考になったでしょうか?


鏡餅を飾るのは12月28日が一番いい日ですが、生の鏡餅を飾るとひび割れして、年神様に申し訳ないほどボロボロになってしまうので、私は30日に飾っていました。


でも、パック入りの鏡餅を買うようになってからは、28日に飾っています。


最初はパック入りの鏡餅になんとなく抵抗があったんですが、使ってみるとお飾りも付いているので便利ですね。


鏡餅を飾って良いお年をお迎えください。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。