健康や生活に関連するちょっと役立つ記事を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玄関・車の正月飾り!いつ飾る?いつまで飾る?処分方法は?

玄関・車の正月飾り!いつ飾る?いつまで飾る?

お正月の玄関や車の正月飾りはいつまで飾るもの?実家では鏡開きの日まで飾っていたけど、夫は7日までというしどっちが正解なの?

結婚して最初のお正月、玄関飾りをいつ外すかご主人と意見が違うことってありますよね。

正月そうそう喧嘩にならないように(*^_^*)

今日は玄関や車の正月飾りについて、いつ飾るのかや、いつまで飾るのか、外した正月飾りはどう処分するのかなどを紹介します。


スポンサーリンク





玄関や車の正月飾りはいつ飾るのがいい?



玄関や車の正月飾りは、クリスマスが終わった12月26日~12月28日の間か、12月30日に飾りますが、一番いい日は12月28日です。


なぜ28日がいいのかというと、8を漢字で書くと「八」、しだいに末のほうが広がることから、28日は末広がりで縁起がよい日とされているからです。


12月29日と12月31日が抜けてるって気がつきました?


12月29日は「二重苦」「苦立て」「苦松(=苦が待つ)」と言って縁起が悪いので飾らないほうがいいと言われていて、31日は「一夜飾り」と言って、葬式の飾りと同じになるので縁起が悪く、一日前にギリギリで飾るのは、年神様に失礼になるので飾らないことになっています。



玄関や車の正月飾りはいつまで飾るの?



玄関や車の正月飾りを飾る日は全国共通なのに、外す日は地域によって違います。関東地方は1月7日の朝、七草粥を食べた後、関西地方は1月15日の小正月(こしょうがつ)に外すのが一般的です。


関東と関西でなぜ外す日が違うのか?というと、正月飾りを飾っておく期間を松の内というんですが、この松の内の考え方が地域によって違うからです。


昔は元日から15日までを松の内と呼んでいたそうですが、江戸時代に幕府から「7日を以て飾り納めをする」という通達があり、関東地方は松の内が7日になったけど、


関西地方にはこの通達が届かず、今でも松の内は15日までと考えられているという説があります。でも、最近は、関西も松の内は7日までと考える人が多くなっているそうです。


仕事が始まると、いつまでも正月気分じゃ困るなんて叱られそうで、15日まで松の内なんて言えないですよね。

スポンサーリンク


玄関や車の正月飾り!外した後はどう処分する?



外した正月飾りの処分、ゴミに出すのは気が引ける、かといって家に置いておくのも良くないだろうし、結構悩みませんか?


正月飾りの処分方法は、決められた期間内に近所の神社に持って行くといいです。


1月15日の小正月に神社では、どんど焼き、左義長(さぎちょう)、お炊き上げなど、呼び方はいろいろですが、お正月の飾りを集めて焼く行事があります。
玄関の正月飾りの処分方法

地域によっては、広場でどんど焼きをする所もあるので、近くでどんど焼きをやっていれば、神社じゃなくてもどんど焼きに行って焼くことができます。


神社もないし、近くでどんど焼きをする様子もない場合は、白い紙に包んで
塩をまいて清めた後に燃えるゴミにだします。


できれば、他のゴミと一緒にしないで、正月飾りだけを別の袋で出した方がいいです。自宅の庭などで焼く場合は、お酒と塩で土を清めてから焼きましょう。



玄関や車に正月飾りをする意味は?



お正月の飾りつけは年神様(としがみさま)を迎える準備です。門松は、家族みんなに幸せを届けてくれる年神様が、迷わずに家に来てくれるための目印になります。


しめ飾りは、神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります。年神様は年の始めに、高い山から降りてきて、お正月の間それぞれの家の鏡餅の中に滞在されます。


車の正月飾りには、事故や危険から身を守ってくれるように、車の中にも年神様をお迎えするという意味があります。



おわりに



玄関や車の正月飾りについて、いつからいつまで飾るのかや、、外した飾りの処分方法を紹介しました。参考になったでしょうか?


子供のころはお正月って特別な日で、ワクワクしたけど、歳を重ねるたびに、特別感が薄れれていくような気がします。


でも、新しい1年の始まりだから、年神様が迷わずに幸せを届けてくれるように、正月飾りでお迎えします。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。